UA-129739460-3

あきらめないで!年長(6歳)でひらがなが読めなくても大丈夫!文字の読み書きの手順は?

早い子だと2歳でひらがなが全部分かるとか
幼稚園入るまでには読める子もいます。

興味を持って楽しく覚えてくれるのであれば
教えがいもあるんでしょうが、
この時期はイヤイヤ期の真っ只中。

それに集団生活になれる準備とか
トイレトレーニングとかいっぱいあって、
正直、ひらがなどころではありませんでした。

長男、次男が通った幼稚園は基本的に
お勉強をせず、小学校に上がるまでには
自分の名前は書けるようにしたいかな
といった感じの自由型幼稚園でした。

先輩ママさんからはひらがなは
ひと通り読み書きできるようにしておく方が
小学校に入って楽だと聞いていました。

なので、家でやらないと本当に自分の名前しか
分からないままになってしまうため、
幼稚園に入ってからは必死で教えました。

確かに幼稚園の時にひらがなの読み書きが
できるようになって小学校では楽です。

長男は年少の4歳になるまでには
ひらがなが分かるようになりました。

年長6歳になるまでにはなんとなく
文章を読んだり、お手紙が書けるように
仕込みました。

実際に小学生になってみて、
もっと進めておいた方が良かった
とも思いませんし、
積極的に勉強に取り組む姿勢があるので
ちょうどよかったなと思っています。

幼稚園のひらがな!年長で読み書きできないのはまずい?

長男が小学校に上がって思ったのはやっぱり
ひらがなは一通り読み書きできることが前提
になっているという印象でした。
確かに一学期のうちは
ひらがなとカタカナをメインで習います。

でも習っていない字を他の授業で書いたり、
読んだりする機会はたくさんあります。

すぐ覚えられる子は問題ありません。

でも、「っ」や「しゅ」などの小文字や
「ず」「づ」の違いなど間違いやすい字を
1つ1つ細かくマスターするためには
ちょっと大変かなと思いました。

放置しておくと、2年生の後半になっても
カタカナの「シ」と「ツ」が怪しい
ケースもあるようです。

余裕もって小学校生活を送りたいのであれば
幼稚園のうちに少しでも貯金を作ってあると安心
かなとは思います。

もちろん、年少の時から準備ができれば、
休みながらも親もあせることなく教えて
あげることができます。

じゃあ、
年長で読み書きができないのは遅い?
諦めた方がいいのでしょうか?

No!
そう思った時点で始めれば十分間に合います!

年長から始める場合は準備の時間は
年中や年少に比べると少なくなりますが、
年長で始める方が進みはずっと速いです。

サクサク進めば子供自身が楽しくなって
より意欲的に学習に取り組む姿勢ができます。

早く始めるよりも結果的にいい場合もあります。

ひらがな効果的な覚えさせ方は?

まず、いきなりひらがなは書けませんよね?

書くためにはまず、読めなくてはいけません。

読むためにはひらがなが分からないといけません。

ステップを踏んで始めることが大切です。

ひらがなのステップ

① 「あ」「い」「う」一文字ずつ
 分かるようにする

② 「いぬ」「りんご」単語から
 少しずつ文章を読めるようにする

③ 鏡文字や間違えながらも、書く

④ 自分の意志で書く意図した内容を書く

必ずしも①~④の順番で進めなくても
①③②④の順番でもいいのかもしれません。

ひらがなのそれぞれ練習の方法

「あ」「い」「う」一文字ずつ分かるようにする

・カルタをやる
できれば絵がないものがgood。
親が言った字をとる。いきなり全部
並べるのではなく、最初は3枚くらいから
始めて徐々に増やす。

・車のナンバープレートを読む

・時間のない時はスマホやタブレットの
 アプリのひらがなカルタを活用する。

「いぬ」「りんご」単語から少しずつ
文章を読めるようにする

・子供の名前や友達の名前を書いてゆっくり
 繰り返し一緒に読む(2文字・3文字)

・「うんこ くさい」2~3文字くらいの
 子供が好きそうな文章を作って読ませる。

・給食の献立表を一品ずつ読んでみる

鏡文字や間違えながらも書く

・簡単な文字(い・こ・へ)、名前の一文字
 など書きやすい字から教える。     

最初からなぞらせない方が
早くきちんと覚える

・1ページ50字くらいの国語ノートに1文字を
 1ページ分練習する。

うまくかけた字は花丸。書けた字は
50音表の字の上に大きな合格シールを貼る。

・「かき」など単語の問題を口頭で出して、
  そのひらがなを書いてもらう。

自分の意志で書く意図した内容を書く

・ここまでできれば後は慣れですね。
友達とお手紙交換を楽しめます。

・時々、鏡文字や間違いを時々チェックして
あげると正しく書けるようになるでしょう。

ちなみに
次男は完全に座っているより、走り回るタイプ。

長男に比べると勉強はのんびりですが、
あと年長が丸々1年あるので、
なんとかしなきゃと思っています。

次男が4月生まれでよかったです。

次男は上の方法を使って
年中5歳になる頃に「あ」「い」など
ひらがなが分かるようになり、

年長6歳になる今頃には
一応、全てのひらがなが書けるようになり、
ようやく、つっかえながらも文章が読めるように
なったところです。

まとめ

やっぱり、小学生に上がるまでに
ひらがなが一通り読み書きできるように
しておくのが理想だと思います。

たとえ、年長でできていなくても、
遅すぎることはありません。

たった今から練習をすることが大切です。

ある程度大きくなってからの方が
のみ込みが早いので意外とあっという間に
マスターできるかもしれません。

とはいえ、
焦ると必要以上に叱ってしまったりするので
焦りすぎることがなく確実にやっていくこと
大切です。

まずはひらがなが分かること、
単語がよめること、間違えながらも
書いて練習すること、自分の意志で
自由に書くことができるように
サポートしていきたいですね。