UA-129739460-3

小学校のPTA役員は低学年でやるのが得? 長子2年生で委員長やった結果…

幼稚園、保育園では免れてきたものの、小学校に入ると
あたかも強制のような感じでPTAや子ども会の役員を経験する
ことになります。

「早めにやっておいた方が上の役にはならないから、楽だよ…」

先輩ママさんからのそんな話が印象的だったし、
面倒なことは先に片づけておきたい性格なので、なるべく
早めに役員は済ましておこう!

なんて思っていたんです。本当に甘かった!

上の役には絶対にならないという保証がない限り
絶対に低学年で役員を引き受けてはいけません!

今年、私は長子が低学年でうっかり委員長という
上の役になってしまいました。

そして、本当に大変な1年間を送ることになりました。

小学校のPTA役員は本当に大変!
時間的に!収入的に!何より精神的に!

ここでいう、役員の大変さというのはあくまでも上の役です。

委員長や本部役員、副会長など、上に立つ人を差します。

長男が通う学校では1年生で役員をやることになれば
すでに入学式のタイミングで上役は決定しているため、
確実に平役員になることができます。

平役員であれば、確かに会議や実務をやることになり、
やらないよりは大変な一年になるとは思いますが
言われたことをこなすことができればよいので
気持ち的にはずいぶんと楽でしょう。

最悪なのは何にも分かってない人脈がない状態なのに
2年生、3年生の低学年で委員長や本部役員、副会長になること。

くじ引きでやむを得ずなることもありますよね…
本当に残酷だと思います。

私の場合、委員長だということすらよく分からないまま、
なり手がいないなら…困っているなら…
と安易な気持ちで引き受けたのがバカでした。

引き受けた時はジャンヌダルクのように崇められましたが、
いざ引継ぎになってみると…全く分からない!
分からないことが何なのかも分からないってやつです。

そんな行事があったことすら初めて知った
単語すら理解できない

そんな状態でのスタートでした。挙句の果てに、せっかく引き受けたのに
なんでこんな何にも分からない人が委員長なの?

と言わんばかりの雰囲気…
これから、一応頑張ろうと思っているのに最初から
こんな洗礼を受けてとにかく悲しかったです。

まあ、後になって思えば前任者、その前をたどっても
二人目以降、高学年の経験豊富なお母さんたちが
多かったのでそう思われても当然ですよね…
舐めてると思われたことでしょう。

仕事内容が分からない上に、針のムシロ状態!
しかも、一緒にやるメンバーに知り合いなし!

その上、みなさん私よりも6歳も7歳も年上の方々
ばかりなので余計に疎外感みたいのもありました。

まだ、これから4月を迎えるというのに不安しかない
状態でのスタートでした。

奇跡的に前年度の副委員長さんだけが知り合いだったので
そのお方に前委員長さんが送ったメールなどもすべて
転送してもらい単語や意味など基礎的な部分を丁寧に
教えてもらいました。

前年の資料もすべてコピーし、なんとなく全容が分かった
ところで手順を細かく前任の委員長さんに聞き取りました。

普段は携帯電話のプランはかけ放題にはしないけど、
委員会活動が活発な半年くらいはかけ放題にして、
聞き取りやコミュニケーションをはかっていました。

委員会のある日はパートを休んで準備をしました。

うまく口頭で説明する自信がなかったため、資料も丁寧に作りました。

時間も労力もお金もかかりましたよ。

ボランティアなのに…
やれる範囲でやるからボランティアなんじゃないのかな
とも思いながらも迷惑をかけたくない一心で必死でした。

PTA役員でやった失敗!委員会が空中分解

時間もお金も労力もかけて、準備万端で臨んだ委員会は
ボロボロ…ぐっちゃぐちゃ…

「こんなんできるかー!」みたいな感じの意見が飛び交い
関係各部署に確認して苦労して作った資料は内容ごとほぼ却下!
ほとんど白紙でやり直し!

結果的に効率の面などからすればそれでよかったのかも
しれませんが、なんとも悲しかったです。

やっぱり、いくら前年の引継ぎ資料で内容を把握したところで、
経験がないことで結局のところは理解できていなかったんだなと
つくづく感じました。

私が委員長をやることで誰も得をしない…
力不足すぎて歯がゆく思いました。

委員会メンバーをはじめ、確認いただいた関係各者にも迷惑を
かけてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

一方で、ボランティアなのにこんな大変な思いをしてまで
やらないといけないのかという気持ちもこみ上げてきました。

そんな前途多難な幕開けをした委員会活動でしたが、
最終的にどうなったかというと…

最初は知らない人ばかりのメンバーで緊張でしたが
いろんなイベントを経てコミュニケーションをとり
こまめに早めに相談することですっかり仲良くなりました!

年下の私をみなさんとても可愛がってくださいます(笑)

最初は人間不信にもなりかけましたが、
精一杯やってることが伝われば、至らぬ点があってもみなさん
協力してくれました。

最終的にはこのメンバーだからやりきることができたと本当に感謝しています。

高学年のお母さんが多いので、いろんな話が聞けてとても
参考になりますし、お古とかもいただけるのでありがたい限りです。

学校に行く機会が多いため、担任の先生に会った時には
長男の学校の様子などが聞けるのはよかったです。

まとめ

結果的によかったと思えたわけではありますが、
低学年で経験も知識も人脈もない中で役員をやるのは
本当に大変です。

迷惑もかけるし、金銭的にも精神的にもとても大変です。

絶対にやらないことをおすすめします。

どうせやるならいつ役員をやるのがよいのでしょうか。

兄弟がいて一通り内容が分かった上でなら                        低学年で引き受けてもよいでしょう。

でも、やっぱり高学年
絶対に上の役が回ってこない1年生でやるべきです。

くじ引きなどで、やむを得ず引き受けることになってしまったら腹をくくるしかありませんね。

もし、なるべく迷惑をかけず、とりあえず1年だけだから頑張ろうと
思えるのであれば、早めの相談、コミュニケーションが大切だと思います。

厳しい意見があったとしても、自分の味方をしてくれる人も
何人かはいるはずなので、なんとか乗り越えられるはずです!