UA-129739460-3

4月生まれの子供を産むには? 4月生まれのメリット&デメリット!


うちの長男は11月生まれです。

幼稚園に入る前に育児サークルや
市の子育て支援センターに顔を出すととても強く感じたのは月齢の差。

4月、5月生まれの子と比べると
同い年なのに全くできることが違って
かなり衝撃を受けました。

これから幼稚園、小学校と行って
どれだけ差が出るんだろうと心配になりました。

お受験する子はそれを見越して4月、5月生まれを
狙って子作りするなんて話を聞いたことがあったけど
妙に納得してました。

それだけ、幼い頃の月齢の差は大きいんですよね。

そうして私は次に弟か妹を作るなら4月か5月を狙おうと密かに思ったわけであります。

周りを見ても、上の子は早生まれ、下の子は遅生まれのケースは意外と多いかなと思います。

我が家の次男は4月に生まれたわけですが…実際どうなんでしょうかね。

早生まれの子に比べると余裕があるので
トイトレにしても、幼稚園準備にしても小学校の勉強
準備にしても、親の立場からすると楽は楽です。

幼稚園でも、基本的には手がかからないようで先生からも頼りにされていることが多いようなので今のところは特に問題はありませんがいつまで続くか・・・

4月生まれするには?
ベストな子作りの時期はいつ?


4月生まれにする場合、仕込みのタイミング的には
7月中旬~下旬がベストではないでしょうか。

ちょうど、お盆前後に妊娠が発覚する感じです。

二人目、三人目と4月生まれになるので
私も毎度この時期に妊娠が発覚しています。

一歩早まると学年の境目ギリギリの予定日になるので
7月下旬くらいの方が確実かもしれませんね。

4月生まれの出産で気を付けたいのは、妊娠中、
クリスマス、正月がちょうど胎盤ができてくる時期と重なるということ。

つわりも終わって、食欲も増します。

私は2週間で3kg増えてしまいました。

そこがこの時期の妊娠の辛いところです。

4月生まれは本当に得?
メリットは?


よく言われるのは「4月生まれなのにね」って
思われてしまうのがプレッシャーだし、損だと。

逆に早生まれはできなくて当たり前だから
気が楽だといいますね。

4月生まれのメリット

幼稚園に入るまでの期間に余裕がある。

トイレトレーニングや身支度をするのに
ある程度大きくなってからできるのであせらず
その子のペースで進めやすい

子ども手当をまるまる満額もらえる。

現行では中学を卒業するまでもらえます。

つまり、15歳になって初めて迎える3月までなの
3月生まれの子は4月生まれと比べて11ヶ月分
少ない受給額になります。

体力がある

やはり、乳児期、幼児期は早生まれと遅生まれ
とでは基本的に体力は違います。

風邪のひきやすさもそうですが、昼寝の関係が
早めに卒業できればその分、習い事遊び
時間を費やすことができます。

もちろん、個人差はありますが…
それが小学校への準備へとつながります。

期待されて、それに応えようと頑張る

幼稚園では頼りにされている一面があるので、
頼られることの喜びを知っています。

その喜びを知っていれば維持できるように努力する
ステップに進めます。

4月生まれはプレッシャー?
デメリットは?

デメリットも見ていきましょう。

4月生まれデメリット

月齢差がなくなる一定の年齢で挫折することも

今までは自然と優位に立てていたのが、
年齢とともに他の子が追いついてきたことで挫折
経験することもあるようです。

大人になって早く年をとる

大人になると早く年が増えるのでなんとなく
嫌ですよね。しょうがないけど気持ちは分かります。

幼稚園に入園するのがほぼ4歳と遅め

準備がしっかりできるのはいいけれど、
手元にいる期間が長い分、お母さんは大変ですよね。

集団行動は早くからさせた方がメリットがあるのでしょうか。

確かに保育園の年少と幼稚園の年少は全然違います。

幼稚園の年少は基本的に幼いことが多いです。

でも、年長になると基本的には一緒です。

まとめ


メリット、デメリットをどう考えるかは、子育てで何を重視したいか
なので、人それぞれになってしまいますね。

幼稚園に行くか保育園に行くかでも違いますし、
幼稚園も最近では満3才保育も増えているので一概にはいえません。

個人的には幼児期の貴重な時間を親子でじっくり過ごすためには
やはり、それなりに時間がきちんととれる4月、5月生まれの方が
育てやすいかなとは思います。

あせるとついつい感情的に叱ってしまいやすいと思うとその余裕は
大事かなと思ったりします。

大きくなる過程で挫折をしたとしても、人に頼られる
褒められる喜びを知っていればはい上がることができると私は思います。

そんな育て方をしたいなと思っています。