UA-129739460-3

二人目、悩む!タイミングとか言ってる時間はない!? どうする高齢出産!

私も3人目を35歳目前で出産します。

3人目(経産婦)なので高齢出産とは言われませんが
染色体のリスクや母体の負担を考えるとやはり、上の子たちを
出産した時とは全く状況が違います。

私の友人で二人目を悩んでいる人が何人かいます。

話を聞く限り、ほしいけれど

・上の子に手がかかり、自信がない

・仕事で穴をあけられない

・経済的なこと

・染色体のリスク

こんな理由からためらうケースも多いようです。

一方でほしかったけど、できなかったと諦めている友人もいます。

ほしいと思ったときにはもう遅いケースもあるようです。

今一度、高齢出産について考えてみたいと思います。

高齢出産で二人目を産むリスクとは?


日本産婦人科学会の定義では、35歳を超えてからの妊娠を「高齢妊娠」と言います。

経産婦については特に定義はありませんが
だいたい35歳以上になると、妊娠、出産時のリスクが高まるといわれています。

そのため35以上の出産を「高齢出産」と呼ぶようです。

しかし35歳になった瞬間からいきなりリスクが高まるわけではありません。

女性の身体は年を重ねるにつれて徐々に徐々に
妊娠・出産のリスクが高まっていくのです。

そのため、35歳以上の女性が妊娠を考えるのは多少なりともリスクを承知しなくてはなりません。

【高齢出産のリスク】

① 妊娠しにくくなる

年を重ねると卵子の数が減少し、さらに動きが弱くなるため、
受精や着床がされにくくなるといわれています。

25~29歳の不妊の確率が約9%に対し
30~34歳は約15%、35~39歳は約22%です。

もちろん体外受精の成功率も年齢と共に低下していきます。

② 染色体異常児(ダウン症候群)が生まれる可能性が高くなる

染色体の構造に異常がある状態や、それにより起こる障害が染色体異常。

染色体異常が発生する確率は年齢とともに増加します。

例えばダウン症候群の発生率は
20代の出産では0.1%、35歳で0.3%、40歳では1%です。

高齢出産では卵子が35歳を過ぎると
急激に老化することから先天性異常が
起こる確率が35歳以下の妊娠に比べて高いのが原因と考えられています。

③ 妊娠中、病気になりやすい

妊娠は母体に大きな影響を及ぼし、
妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)
妊娠糖尿病など命にかかわる病気を発症する恐れもあります。

中でも妊娠高血圧症は血圧が
高くなるだけではなく、それに伴う体調不良や場合によっては緊急帝王切開になることもあります。

これは妊婦全体の10%がかかるとされていますが、
35歳以上では14~18%と言われています。

④ 流産や難産のリスクが上がる

切迫早産切迫難産になる可能性が高くなり、
20代と比べると約2倍もリスクが高くなるといわれています。

早産は、妊娠高血圧症候群常位胎盤早期剥離
前置胎盤などによって引き起こされます。

高齢になるとこれらの早産リスクが発症しやすくなり
結果的に早産につながりやすくなります。

私自身も二人目までは定期健診以外は呼ばれたことが
なかったのに、三人目は妊娠4ヶ月後半で絨毛膜下血腫になり、
安静を命じられました。

高齢出産での二人目。
産む後悔?産まない後悔?どっちを選ぶ?


高齢出産での二人目。

20代で産む時よりも、リスクが高いといわれていますよね。

高齢出産での二人目の良いところと言えば、上の子に兄弟が出来る事。

そして家族が増えた分、幸せが多くなることですよね。

やはり、兄弟がいるというのは心強いです。

兄弟のいるメリットは…
私自身一人っ子なので、親の老後を考えると一人でどう向き合っていけばいいのか、精神的、金銭的にとても心細いです。

また、兄弟を自分自身が育てている親の立場として、
もし、我が子が一人っ子だったら期待を詰め込みすぎて
しまっていたのではないかと不安になります。

弟がいるからこそ、うまく期待が分散されている部分があると思います。

デメリットは前述したように…
高齢出産の場合は障害を持った子供が生まれるリスクが高まります。

自分が生きているうちならまだしも、死んだ後のことを考えると
兄弟が面倒を負担することになる…

そんな事態になったら産まなきゃよかったと
後悔してしまうかもしれませんね。

また子供一人を育てるのには相当な金額を要します。

一人と二人では経済的な状況も変わりますし、習い事や進学にも
制限が必要になるかもしれません。

働くお母さんは仕事に制限が出てしまうことも考えなくてはなりません。

二人目の高齢出産!向き合うべき不安と乗り越え方


高齢出産でのリスクの不安はありつつも、やはり二人目が欲しいと
考える方もいるかと思います。

そんな中でただ不安になるよりも不安を乗り越えられる事があれば試したいですよね。

まず、「葉酸」を摂取することで妊娠力をアップさせることが
できるといわれています。

また葉酸には染色体異常を起こす割合を減らす働きがあると
いわれているので、ぜひ摂取したいですね。
手軽に取れる葉酸サプリメントもお勧めです。

そして健康的な生活も大切です。しっかりと朝日を浴びて
一日をスタートさせるとメラトニンというホルモンが分泌されます。

メラトニンは美容ホルモンとしても有名ですが、
卵子の質の向上にも活躍されます。体重管理も大切で、
痩せすぎも太りすぎも卵子にはよくありません。

規則正しく健康的な生活は母体にも赤ちゃんにも大切です。
簡単にできることで、多少なりとも不安を軽減させることが
できると思いますので試してみてください。

まとめ


実感としてはやはり兄弟はいないより、いた方がいいものだなと思います。

年の差が近くて、上の子に手がかかり、育てられる自信がなくても
そんな時期は長くは続きません。それは心配いらないでしょう。

でも、経済的な理由や仕事については各家庭で事情が違うので
よく話しあって結論を出すことが大切ですね。

一番のネックとなる染色体の異常については、正直なところ
考えたところで結論は出ないでしょう。

家族でよく話し合い、リスクを覚悟した上でそれでもほしい
と思えば、規則正しい生活や葉酸の摂取も積極的にするなどして
不安を軽減させてみてはいかがでしょうか。