アースおすだけノーマット(電池式)赤ちゃんの近くで使うと影響は?




普段何気なく使っている蚊取り線香。
夏の夕方の我が家の必需品です。

電気式や電池式のアースノーマットで
あっても、かすかに臭いがしますよね…

生まれたての赤ちゃんのそばでつけるには
なんとなく大丈夫かな…
と心配になりますね。

だからといって、

蚊に刺されたらかわいそうだし
デング熱とか蚊を媒介してかかる伝染病も
怖いですよね。

電池式や電気式を含む蚊取り線香は
新生児のいる部屋で使っても大丈夫なのか…?

結論から言うと…ほとんど安全です!

そしてポイントなのが“ほとんど”です。




蚊取り線香を赤ちゃんや子供の近くで使うと?
人体に与える影響とは?


蚊を殺してしまう成分が入っているのに
人体に影響はないのか。

自分たち大人はいいかもしれないが、
赤ちゃんや小さな子供には害がないのか

といった心配をされるかと思います。

蚊取り線香にはまずはどんな成分が
使用されているのかを知る必要があります。

昔からある渦巻き型の蚊取り線香には
ピレトリンピレスロイド系
呼ばれる成分が使われており、
電気式、電池式の蚊取り線香にも
同じ成分がよく使われています。

このピレトリンやピレスロイド系の成分は
植物由来で、除虫菊という植物に
多く含まれています。

これらの成分は神経系に作用し、
麻痺痙攣を引き起こし、結果的に
蚊を退治することが出来ます。

ピレスロイドが赤ちゃんに与える影響は?

神経に作用して麻痺・痙攣

これだけ聞くと心配になるかもしれませんが
蚊と人体では神経の作りが異なります。

蚊は知っての通り、とても小さい生き物です。

それに比べ人間は大きな生き物です。

見た目からもわかる通り
そもそも体のつくりが異なります。

体のつくりが違うと、
害を及ぼすものも異なってきます。

犬など、哺乳類に
玉ねぎを食べさせてはいけないという
話を聞いたことはありませんか?

同じように蚊と人間でも大きく違います。

ピレトリンやピレスロイドは
蚊の体内に入るとすぐさま神経に作用し効果を発揮します。

それに対し、
人体では体内に入っても神経に作用する前に
ほとんどが無毒化され排泄されてしまいます。

蚊にとって毒でも
人間にとって毒になるとは限らなということです。

蚊取り線香を赤ちゃんがいる部屋で
より安全に安心して使うには?


ピレトリンやピレスロイド系については
安全といわれる理由も分かって
いただけたかと思います。

蚊取り線香を購入する際はこの成分のものを
選ぶようにしましょう。

最初に述べた通り
「ほとんど安全」と言われる理由を
説明していきたいと思います。

赤ちゃんが近くにいる時の基本的な使い方

いくら安全と言われても赤ちゃんのすぐ隣で
一日中蚊取り線香をつけておこうと思いますか?

人間には害のない成分だと分かっていながらも
何となく嫌ですよね?

そうです。
このような至近距離での長時間の使い方
避けるべきです。

アルコール中毒という言葉はご存知かと思います。

この中毒とは
簡単に言うと限界を超えた状態です。

アルコールは
ある程度まで体内で処理できますが、
一気に大量のアルコールが入ると処理が
追い付かなくなってしまいます。

同様に蚊取り線香の成分も
いくら安全といっても
大量に体内に入るような使い方は避けるべきです。

使用する際は赤ちゃんから

・赤ちゃんとの距離を離す
・長時間使用する際はこまめに換気

以上のことに気を付けましょう。

赤ちゃんが使う部屋にあらかじめ使用し
赤ちゃんが来たら消すといった使い方もよいでしょう。

アースおすだけノーマット(電池式の蚊取り線香)は
赤ちゃんがいる部屋では注意が必要

そしてもう一つ注意してほしいのが、
アースおすだけノーマットなどの
プッシュ式の製品です。

ワンプッシュで部屋中に効果があると
宣伝され、とても便利ではありますね。

成分としてはそう変わらないので、
使うこと自体が悪いわけではありません。

でも、一度プッシュすると、
とても濃度が高い状態のものが出てきます。

部屋中に効果が行くので必然的に
濃度が高くなっています。

そのため、
赤ちゃんのいる部屋で使うのは
望ましいことではありません。

まとめ


蚊取り線香は基本的には人体には無害で、
生まれたての赤ちゃんがいても安心
して使うことができます。

心配であれば、
主成分がピレトリンピレスロイド系
であることを確認して購入することをおすすめします。

ただし、長時間や至近距離での使用や
プッシュ式については注意が必要です。

むやみやたらに蚊取り線香の影響を気にして
蚊取り線香を使わずに刺されてしまっては
弱い皮膚を傷めてしまうだけではなく
感染症などにかかるリスクをはらんでいます。

使い方に気を付けて正しく使いましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする