プールや海ではコンタクトをしたままでもいい?学校で水泳の授業はどうなる?




コンタクトデビューすると、眼鏡をかけていた時とは別世界!

特にスポーツをする時なんかは
コンタクトなしではいられなくなりますね!

でも、コンタクトを作った時に
「プールや海では外してくださいね」
と言われませんでしたか?

それに、コンタクトってちょっとのことで
目がゴロゴロ…
異物感に耐えられなくなったことはありませんか?

海水や塩素の水が入ることを想像すると心配ですよね?

本来は、コンタクトを外して海やプールに入ることが
正しいのはもちろんです。

でも、そうは言っていられない事情もありますよね。




プールでの過ごし方による?コンタクトをしたまま
ゴーグルをつけている人もいるにはいるが…


実際、コンタクトをつけたままプールや海に
行く人っているんでしょうか。

いますね!本当はダメなんだろうけどいますよね。

そういう私も若かりし頃うっかりハードコンタクトを
つけたまま海に入り、海水が目に入ってゴロゴロ…

目をこすっている間に片目分をあっけなくなくしました。

健康面でも、モラル面でも金銭面でも
本当のところはコンタクトをしたままプールや
海に行くことはやめた方がいいでしょう。

でも、先ほどもいいましたがそうは言っていられない事情もありますよね。

まず学校の授業などでコンタクトをつけたまま
入りたいのであれば、ゴーグルは必ずつけるようにしましょう。

この時、隙間なくしっかりと装着できないと意味がありません。

ズレてプールの水が目に入ることはないかきちんと確認するようにしましょう。

泳ぐことがメインであれば、コンタクトを外して
度付きのゴーグルを使う手もあります。

ちなみに市民プールではコンタクトの使用を禁止しているところもあります。

年に数回しか使わないのであれば、もったいないですが、
はじめから泳ぐことが目的であれば、度付きのゴーグル
購入する方が有効かもしれませんね。

私の場合、オルソオケラトロジーを使っているので
昼間は裸眼で過ごすことが出来ていて、
こういう時にとても便利だなと思っています。

高額ではありますが、海やプールに入る機会が
多いのであれば、思い切ってオルソケラトロジー
レーシックICLをやってみることもよいのではないでしょうか。

コンタクトをつけたままプールに入ると・・・
自己責任と注意すべきこととは?


衛生面からいうと、
コンタクトはとても吸水性が高いものです。

プールの水を簡単に吸い込んでしまいます。

プールの水は塩素で消毒されていますが、
実際どんな菌が混ざり込んでいるかわかりません。

菌がコンタクトに入り込み、そのコンタクトを
使い続けると考えるとぞっとしますね。

眼には自浄作用という自分の目を自分で
きれいする力を持っています。

しかし、コンタクトと目の間に菌が入って
しまうと涙で菌を排出できず、菌が繁殖することも
考えられます。

そこで重要になるのがコンタクトの日々のケアです。

一日で使い捨てする1dayコンタクトが一番良いですが、
金銭面で言っても2weekを使用されている方も多いと思います。

コンタクトをつけたままプールに入るのであれば
日々のケアをしっかり行い、コンタクト液も
しっかり洗浄できるものに変えるべきですね。

プールから上がったらコンタクトを洗うのも有効な手です。

菌を物理的に洗い流してしまうわけです。

あるいは、1dayのコンタクトを別に買っておき
プールの日だけ使用するというのもおすすめです。

2weekを使い始めてすぐに落としてしまっては
金銭的にも痛いですよね。

ハードコンタクトは少しの刺激で違和感が
出るのでゴロつきやすくなります。

落す可能性も高くなりますし、
落とした場合にかなりの出費になりますので
ハードコンタクトは特に外すことをおすすめします。

まとめ


ここまでコンタクトをつけたままプールに入るお話を
してきましたが、本来はコンタクトを外して
プールに入るのが一番です。

そうは言っていられない状況をかんがみて
自己責任となってしまいますが、コンタクトを
つけたままでもコンタクトの洗浄をきちんとするなど
衛生面に気を付けたり、1dayのコンタクトを
うまく使い分けたりすることが大切です。

せっかくのプールで何も見えないのはやっぱり辛いです。

コンタクトと上手に付き合っていきながらプールや海水浴を楽しみたいですね!




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする