まだ間に合うかも?!妊婦が食べ過ぎた時のリセット術! 食べ過ぎた翌日にやるべきこととは?




妊娠中はホルモンの関係で太りやすい体質に変化するといわれています。

30kg増えて、結婚詐欺!

なんてと言われたなんても人もいるくらいです。

それは極端な話ですがいつもは気にしていても、食べ過ぎてしまうこともありますよね!

つわりが終わって、食べられるようになると、外食した時についつい食べ過ぎて後悔する人も多いですね。

でも、そんなあなたに朗報です!

翌日とその次の日にきちんと対策をすれば、なんとかリセットできる可能性があります。

ただし、妊娠中の食事はバランスよくが基本です。

毎度食べ過ぎてリセットしなくちゃ・・・では、病気のリスクも上がり、赤ちゃんにもよくありません。

また、かかりつけの医師から指導を受けているときはこの限りではありませんのでご注意ください。




妊娠中に太りやすいのはなぜ?太る人、太らない人の違いとは?


妊娠中にすごく太ってしまう人と全然太らない人っていますよね。

妊娠するとお腹に赤ちゃんがいるので赤ちゃんの重さ、羊水、胎盤で体重が増えるのは当たり前です。

それ以上に体重が増えてしまう原因になっているのは「妊娠による体質の変化」です。

妊娠すると女性ホルモンの関係で栄養を蓄えようと脂肪をため込みやすくなります。

お母さんの体重は増えていくのに赤ちゃんの体重は増えない場合やお母さんの体重はそんなに増えていないのに赤ちゃんが大きく生まれることもあります。

こういった場合は胎盤の位置によって栄養が届きにくくなってしまうこともあるようです。

体質によって人それぞれにはなりますが妊娠中に太る人と太らない人の大きな違いは「体質の変化を把握し体重管理をしっかりできるか」が一番重要になってきます。

妊婦は注意!妊娠中に食べると太る?
要注意の食べ物は?


人のエネルギー源になる三大栄養素には・・・

・炭水化物(糖質)

・たんぱく質

・脂質(油脂類)

がありますね。

これらを食べすぎることなく、バランスよく食べていくことが理想です。

太りやすい栄養素とは?

人のエネルギー源になる栄養は使われなかったら体に残り、それが脂肪になってしまいます。

エネルギー源になる三大栄養素の中でも特に注意が必要なのが脂質と炭水化物ですね。

脂質

脂質は少量でもより多くのエネルギーを作り出すことができます。

油類、マーガリン、バター、マヨネーズ、くるみやピスタチオなどのナッツ類、脂身が多い肉

エネルギーとして使われればよいのですが、使われなとそのまま体に吸収されてしまいます。

炭水化物

太りやすいと言われています。

炭水化物は一般的に1gあたりのエネルギー量は低いですが1食あたりに食べる量が他の食材と比べて多くなってしまいます。

そのため、炭水化物は知らず知らずに多く取り入れてしまう傾向にあります。

丼もの、ラーメン、パンなど。

白米は茶碗1杯でも約240Kcalラーメンは約500Kcalになります。

また、当然のことながら菓子類にも注意が必要です。

特に洋菓子の原料は・・・

小麦粉、砂糖(炭水化物)、バター(油脂類)、卵(たんぱく質・油脂類)、となっています。

原料を見れば太る要素が満載なことが一目瞭然ですよね。

レベル10!太りやすい食べ物は?

妊娠中太りやすい食べ物は・・・

かつ丼や天丼などの丼物、カレーライス、ラーメン、パンなど炭水化物。

ショートケーキやシュークリームなどの洋菓子に含まれる糖質。

唐揚げ、とんかつなどの油脂類です。

どれも美味しい物ばっかりですね。

特に産休に入ったばかりだと家にいる時間が増えて、誘惑が増えます。

甘い物なんかが食べたくなりますよね。

でも、絶対に食べたらいけないというわけではありません。

実際に吐きづわりが終わったと同時に毎日のように大好きなお菓子を食べてしまい、妊娠初期に減った体重は見る見るうちに増えていく…

そんな経験をしたことがある人も多いですよね。

絶対に食べてはいけないということではなく週に1~2回、ご褒美程度に適量を食べるようにすれば体重増加も規定内以下で、尿検査や血液検査でも問題がなくクリアすることができます。

我慢することでストレスを溜める方がお腹の赤ちゃんにもよくありませんよね。

適量であれば好きなものをご褒美に食べるくらいの方がむしろいいのではないでしょうか。

ただし、もしも体重管理や尿検査血液検査に問題が出た場合は速やかに担当の先生の指示にしたがいましょう。

妊婦が食べてもいいお菓子はどんなもの?おやつに最適なものは?

適量であれば、週に1~2度は好きなものを食べたいところでありますが、一体適量とはどのくらいなのでしょうか?

妊娠の週数、体重増加、ママの体形、持病などそれぞれの状況にもよりますが、おやつは一日200kcal以下が理想とされています。

妊婦はチョコレート、アイス、ケーキなどのおやつをどのくらい食べてもいいの?

妊娠中、あまーいものが無性に食べたくなる時がありますよね。

200kcaL以下のボーダーを超えるもの、越えずに目安になるお菓子を種類別に紹介します。

アイスクリーム

市販されているもの中でも200kcaL以下のものはどんなものがあるのでしょう?

乳脂肪分が高く、濃厚と感じる乳脂肪分8%を超えるアイスクリームを見ていきます。

ハーゲンダッツ(バニラ)

110mL 244 kcaL

カップアイスの王様。さすがにちょびっとでも200kcaLオーバーです。

比較的買いやすい価格帯の中からご紹介します。

いずれも乳脂肪分8%以上のアイスクリームです。

甘いものが食べたいときに満足できます!

MOW(モウ)バニラ

140mL 239 kcaL

牧場しぼり 濃厚バニラ

120mL 166kcaL

MOW(モウ)はちょっぴりオーバーしてしまいますが、目安になりますね。

その分、夕飯などの量を調節しましょう。

アイスクリームは体を冷やしてしまうので寒くなったら体を温めましょう。

もちろん、カロリーが低めのアイスをたくさん食べるのは体を冷やしてしまうのでNGです。

チョコレート菓子

ついつい、つまみたくなる代表的なチョコレートのお菓子のカロリーを紹介します。

ポッキー

1袋(36g) 182kcaL

ちょうどぴったりくらいですね。

チョコパイ

1個(32g)163kcaL

1個といわず、何個も食べたくなりますが。1個までです。

明治ミルクチョコレート

8片(36g) 202kcal

板チョコをそのまま食べる機会は少ないかもしれませんが、参考までに。

1枚が65gなので約半分でちょうどいい量ですね。

ケーキなどのスイーツ

ローソンで売られているスイーツを紹介します。

プレミアムロールケーキ

1個 204kcal

ローソンと言えばコレ!王道スイーツですね。

ちょうどぴったりカロリーです。

苺のショートケーキ&レアチーズケーキ

苺のショートケーキ 205kcal

レアチーズケーキ 225kcal

苺のショートケーキはぴったりですね。

少し小ぶりです。

大きさ、材料、作り方が違うことからもケーキ屋さんのものとは異なります

目安程度に参考にしてみてください。

せっかくなら栄養もとりたい!満腹感があるおやつは?

市販のお菓子やスイーツもいいですが、せっかくなら赤ちゃんにも栄養が届けばいいですよね。

中でも、満腹感のあるものをご紹介していきます。

アーモンドフィッシュ

小魚にはカルシムが豊富です。

特に干したものは生の物よりもカルシウムの含有量が多くなります。

アーモンドはビタミンE、食物繊維が豊富で、鉄やマグネシウムなどのミネラルも含まれています。

噛み応えもあるので満腹感が得られます。

ただし、食べ過ぎは禁物です。アーモンドのカロリーは高いので気をつけましょう。

砂糖不使用のドライフルーツ

ドライフルーツにはビタミンや食物繊維が豊富に含まれています。

食物繊維が多いことが腹持ちを良くするので、少量でも満腹感を得ることができます。

しかし、フルーツには果糖が含まれているの食べ過ぎはかえって太ります。

また、砂糖不使用の物でないとカロリーが高くなってしまいますので、少し割高ですが、砂糖なしのタイプを選びましょう。

あきらめないで!妊婦なのに食べ過ぎてしまった!
翌日からの食事で気を付けることは?


気を付けようと思っていてもついつい食べ過ぎてしまう事、ありますよね。

でも、落ち込む必要はありません!!

食べ過ぎてしまった食べ物はすぐに脂肪へと変化しないんです!

食べ物は消化吸収されるまで3日かかると言われています。

つまり、食べ過ぎた翌日から2日間の過ごし方次第で食べすぎをリセットすることができるのです。

食べ過ぎた翌日には体重が一気に1~2kg増えてしまうことがあります。

でも、この増量分は食べた物そのものではなく、塩分過多の食事により、身体がため込んだ水分の重さなのです。

食べすぎた翌日は摂取カロリーを気にして食事を抜いてしまいがちですが、それではこの水分は出ていきません。

食べ過ぎた翌日の対策

どれも特別なことではありません。

特別な道具もいりませんし、ちょっとできて意識をするだけでだれでも簡単にできてしまうものばかりです。

白湯などの水分を多めに摂取する

こまめに水分補給して体内の循環を高めましょう。

空腹も紛らわすことができますし、冬であれば体を温めてくれます。

食事内容(摂取カロリー)

先ほど食事は抜いてはいけないとは述べましたが食事のカロリーを控えめにすることはとても重要です。

食べ過ぎた翌日の食事は普段よりも500Kcal程低くするように心がけましょう。

食事内容(取り入れたい栄養素)

老廃物を体外に出してくれるキノコ類やこんにゃく海藻などを積極的に取り入れるようにしましょう。

カリウムが多く入っている食べ物を食べるということも対策の一つです。

カリウムには利尿作用がありますので身体の余分な水分を排出してくれます。

マッサージや適度な運動を取り入れる

わざわざハードな運動をする必要はありません。

エレベーターではなく階段を利用したり、お掃除を念入りやってみたり…

普段のやっていることに負荷をかける程度でよいのです。

ヨガやストレッチもおすすめです。

テレビを見ながら足踏み体操をしたり、お風呂上りにストレッチをしましょう。

無料でマタニティヨガを実施している所もあるので妊娠中しか体験できないと思って参加してみるのもいいと思います。

妊娠中の食欲を止める方法

とはいえ、妊娠中はデリケート。

いつ、妊娠糖尿病や高血圧のリスクにさらされてもおかしくはありません。

メリハリをつけ、我慢できるときは我慢することも大事です。

誰でもできる!妊娠中の空腹との闘いに打ち勝つ方法 を紹介しています。

ぜひ、併せてご覧ください。

↓↓↓

妊娠中はどうしてもおなかが空きます。 重たくなってきた体で動くのがおっくうになってしまっていつの間にか...

まとめ


妊娠中は体質の変化により太りやすくなってしまいますよね。

太りやすいものは・・・

・少量でカロリーが高い物

・脂質の多い物

・糖質の多い物

つい食べ過ぎてしまった…

そんな時は後悔するのではなくあきらめずに翌日からやれることをやりましょう!

【食べ過ぎた翌日に出来ること】

・白湯などの水分を多めに摂取する

食事のカロリーを控えめにする

カリウムが多く入っている食べ物を食べる

マッサージ適度な運動を取り入れる

とはいえ、食べ過ぎは妊娠糖尿病や高血圧の問題を孕んでいます。

過信しすぎず食べすぎには気つけましょうね。

一生のうちでそう何度もない娠中という期間。

ストレスをためることなく健康的な楽しいマタニティライフを送ってくださいね。

食べてからあれば妊婦が食べても大丈夫だっけ?と不安になることはありませんか?

レアステーキを食べもいいのか。食べてしまったらどうなるのか気になる方はこちらの記事もご覧ください。

↓↓↓

hpps://happylife7724.com/2044.html




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする