一の位十の位が理解できない小1に分かる教え方は?

一の位十の位が理解できない!小1でも分かる教え方は? 子育て

小学校1年生の算数最初は1桁どうしの足し算で余裕でも繰り上がりが必要になってくると「位」の概念が理解できなくて苦労するお子さんがいます。

小学校の頃、自分はどうやって理解したのか?

もう覚えていませんが、我が子にわかりやすく教えるにはどうしたら良いのか、困ってしまいますが、そのままにするわけにはいきません。

一の位、十の位が理解できないまま放っておいたら、その先の算数が分からなくなってしまいます。

繰り上がりの足し算、一の位や十の位の概念が分からない小1でも分かるような説明の仕方についてご紹介します。

一の位、十の位が理解できないと今後の学習にどんな影響がでる?

 

一の位や十の位がよく理解できていないと、繰り上がりのある足し算がよくわからないということになります。

 

一桁かせいぜい2ケタくらいまでなら指を使うとか、いちいち紙に書いて数えるなどの力技を使うことができますが、2ケタ以上の大きな数の計算は扱えないということになります。

 

読み書きそろばん、という表現があるように買い物などで日常的に最低限の算数の力は必須です。

 

 

こういった計算が苦手なのを放置してしまうと日常生活も不便ですしもっと高度な算数・数学の基礎ができないまま成長してしまいます。

 

また、小学校低学年で算数のつまずきを経験してしまうと算数の勉強がつまらなく苦痛なものになってしまいます

 

みんなができるのに自分だけできない、という劣等感を引きずってしまうことにもつながります。

 

一の位、十の位の教え方!チンプンカンプンでも分かるボックス法

 

子供に概念を教えるということはとても難しいことです。

 

本質はわからないながらも取り敢えず「ボックス法」でお子さんと一緒に練習してみましょう!

 

【ボックス法のやり方】

 

まず、十の部屋、一の部屋、という名前をつけた箱を用意します。これが「位」ということになります。

 

そして、おはじきでも何でも良いですが個数がたくさんあって手軽に数えながら箱に入れられるようなものを準備します。

 

これが「数」を具体化(見える化)したものとなります。

 

できれば、一の位の数を表す小さな物(おはじきなど)と十の位を表す大きな物(ビー玉など)の2種類あると良いでしょう。

 

まずは一桁どうしで繰り上がりが発生するような足し算を例に取ってやってみます。

 

5+8=13

ということにします。

5個のおはじきと、8個のおはじきをまとめて置いておきます。

 

最初は、数が大きいほうの数字を取り上げたほうが理解しやすいので、8個のおはじきに、5個の集団のほうから2個移動して10個にします。

 

おはじきは10個集まったらビー玉1個に変身させます。

この時、ビー玉は十の部屋に入れるのが決まりだと教えます。

 

そして残ったおはじきは一の部屋に入れます。

 

一の部屋には3個のおはじきが入ります。

 

十の部屋にはビー玉1個一の部屋には小さなおはじき3個が入っています。

これを「13」と書く、と教えます。

 

 

最初は意味がわかっていなくても良いのでゲームのように何度も練習させましょう。

 

何度もやってみるとわかりますが「足して10になる組み合わせ」をたくさん知っていると計算が速くなります。

 

1つのおはじきの集団にもう1つの集団からおはじきを移動させて10を作るのが速くなってきたらお子さんが繰り上がりの計算に慣れてきた、といえます。

 

まとめ

 

位や繰り上がりの概念を子供に教えるというのはとても難しいことではありますが一の位、十の位が理解できないと繰り上がりのある足し算ができないということになり買い物のような日常生活にも不便を生じます。

 

また、ここで躓いてしまうことで、低学年のうちから算数に苦手意識を持ったり劣等感を抱いてしまうことにもつながりかねません。

 

親自身もあまり「位」の概念がわかっていないとしても一緒にゲーム感覚で繰り上がりの足し算が理解できるボックス法のご紹介をしました。

 

ぜひ、親子で一緒にやってみてくださいね

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング
タイトルとURLをコピーしました