テフロン加工が剥がれたフライパン!復活する方法は?

テフロン加工フライパンを復活する方法 掃除、炊事

テフロン加工のフライパンは油の少量で調理ができるし、焦げ付かないし洗うのも簡単でとても重宝しますが、すぐに剥がれてしまい、長持ちしません。

焦げ付かない、こびりつかないフライパンに慣れてしまうと最近焦げやすくなったかも?とか、汚れが落ちにくい?と感じてしまうとすごく残念です。

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってしまったら二度と元には戻せないのでしょうか?
テフロン加工が剥がれてしまったフライパンを復活させる方法につき調べてみました。

 

テフロン加工のフライパンを復活させる方法は?

 

テフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなってしまうとフッ素コーティングが剥がれてしまったのかな?と思いますよね。

 

いくつか復活の方法についてご紹介します。

 

お湯で洗う

 

もちろん本当にテフロン加工がダメになってしまっている場合もあるのですがそうなると復活は難しくなります。

 

ですが、実は目に見えない油汚れが原因でテフロン加工のフライパンが焦げ付きやすくなったり食材がこびりつきやすくなってしまう場合があるのです。

 

分かりやすい例でいうと、油汚れが付いた状態のフライパンを冷水で洗うと油が固まって白く膜を張ったようになってしまいます。

 

このタイプのトラブルにはお湯を利用した復活方法が有効です!

 

①熱いお湯をフライパンの半分くらまで入れます。

 

②中火以下の火加減で1分ほど沸騰させます。

この工程のおかげで、フライパンを覆っていた油汚れが柔らかく浮き上がり、取れやすくなります。

 

③中性洗剤をよく泡立ててスポンジでフライパンの汚れを落とします。

金属製スポンジや研磨剤入りの洗剤はテフロン加工を傷つけてしまいますので使わないようにしましょう。

 

テフロン加工し直す

 

そして、本当にテフロン加工が剥がれてしまった場合にはフッ素コーティングをし直すしかありません。

 

熱や傷により、もともと施してあるフッ素コーティングが剥がれてきたことが原因なので、それを再び塗り直してあげるという発想です。

 

その場合、フッ素コーティングできる市販品を使う方法と業者にお願いする方法があります。

 

セルフでフッ素コーティングをする

 

フッ素コーティング剤はホームセンターなのでも手に入れることができますが、調理器具なので口に入れても安心安全なものがいいですね。

 

中でも安心なのはフッ素革命11です。

 

こちらは食品衛生法の基準を満たした成分になっているので安心です。

 

汚れをしっかりと落とした後、吹き付けてムラなく伸ばして、最後に弱火で加熱して定着させるだけの簡単な方法で完了です。

 

 

業者に頼んで再加工してもらう

 

業者さんにフッ素加工を施し直してもらう、という方法があります。

 

株式会社関西技研という会社では家庭用のフライパンのフッ素樹脂の再加工をやっています。

家庭用フッ素樹脂コーティング、テフロン加工、加工料金表 | 関西技研
フッ素樹脂加工、マーブルコーティング加工...

 

フライパンの内側のみのフッ素樹脂加工はサイズにもよりますが、27cmで¥2300円(税抜)程です。

 

納期は一週間程度ということで、送料なども加えるともう少しかかります。

 

テフロン加工のフライパンを長持ちさせる方法

 

そもそもテフロン加工のフライパンは使いやすい反面、摩擦や熱に弱い点から耐久性が弱いという特性があります。

 

このような弱点を知った上で、テフロン加工のフライパンを長持ちさせるコツをいくつかご紹介します。

 

空焚きをしない

 

テフロン加工のコーティング剤として使われているフッ素樹脂は熱に弱い特性があるため、なるべく弱火から中火にかけての調理を推奨しているものが多くあります。

 

空焚きをしてしまった場合、あっという間に高温になってしまうため、テフロン加工を痛めてしまいます。

 

また、400℃以上になると有害ガスを発生するともいわれていますので、注意が必要です。

 

フライパンを傷つけない

 

テフロン加工のフライパンは熱の他に摩擦に弱いという特性があるため、なるべく傷のつきにくい木製やシリコンの調理器具を使うようにしましょう。

 

また、洗う際も柔らかいスポンジをしっかりと泡立ててから使うようにしましょう。

 

 

熱したフライパンに冷水をかけない

 

熱いフライパンに冷水をかけないようにして汚れを落とすことも大切です。

 

熱により、膨張したフライパンが水によって急激に冷やされることで収縮します。

 

表面のフッ素樹脂とフライパンの土台である金属はそれぞれ時間差で収縮していくため、その刺激がフッ素樹脂を剥がしてしまうことになります。

 

フライパンを洗う際は既に冷めていたとしても、汚れをきちんと落とすためにお湯を使って洗うことをおすすめします。

 

次に買べきおすすめのフライパンはこれだ!

 

テフロン加工のフライパンは様々なメーカーから売り出されています。

 

テフロン加工にはランクが6段階あり、上級のものはもちろん効果が高いぶんお値段も高くなります。

 

ブランドとしては、ティファール、ビタクラフト、北陸アルミ貝印、京セラなどが知名度が高く安心です。

 

テフロン加工にこだわらずとも、くっつきにくく、お手入れがしやすい素材のフライパンは他にもあります。

 

マーブルコートセラミックコートなど他の素材のフライパンを試してみるのも一つです。

 

 

ティファール

 

テフロン加工では最も有名なフライパンですね。

 

インジニオ・ネオ IHブルゴーニュ・エクセレンス ウォックパン26cm重さは955gです。

 

ガス・IH両用タイプとガス専用製品があります。

 

適温を知らせるマークが付いていたり、別売りの取り外し可能な取っ手や蓋などがあり、トータル的に使い勝手がいい設計になっています。

 

ウルシヤマ(Urushiyama)

 

こちらもテフロン加工のフライパンです。

 

22cmディープフライパン レジェーロIH LGR-D22 重さは720gです。

 

熱伝導性の高いアルミ素材を使用していながら特殊加工によりIHにも対応しているのが特徴です。

 

深型タイプで食材が飛び出しにくいです。

 

テフロンコーティングの最高ランク「テフロンプラチナプラス」加工が施されているので耐久性が高いです。

 

タフコ ダイヤモンドマーブルコーティング

 

テフロン加工のメリットは活かしつつ、デメリットである耐久性を強化したのがマーブルコーティングです。

 

IH対応のものも多く、20cm~28cmまであります。

 

26cm(浅め)F-7122 は663gと軽量です。

 

国内メーカーが手掛けた国産のフライパンです。

 

まとめ

 

テフロン加工のフライパンは焦げ付かず、食材がこびりつきにくいという魅力のあるフライパンです。

 

テフロン加工のフライパンが焦げやすくなってしまった際は本当にコーティングが剥がれた場合と油汚れが原因の場合があります。

 

コーティングが剥がれてしまった場合は市販品を使って自分でフッ素コーティングし直す方法や業者に依頼して再加工してもらう方法があります。

 

油汚れが原因の場合は熱いお湯をフライパンに入れ、1分くらい沸騰させてから中性洗剤できちんと洗うとテフロン加工の効果が復活します。

 

もし、買い替えるのであれば、テフロン加工にこだわりすぎずにマーブルコートやセラミックなどのフライパンも試してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング
タイトルとURLをコピーしました