へその緒が巻きつくのは2Dエコーでも分かる?赤ちゃんへの影響は?

へその緒巻きつく2Dエコー 妊娠中

赤ちゃんの首にへその緒が巻きつい出産になった場合はお産が長引くとか仮死状態で生まれてくるとかそんな話を聞いたことはありませんか?

赤ちゃんの首にへその緒が巻きつくということはどのような影響があるのか、それは分かるのかということについてご紹介します。

 

へその緒が巻きつくのは2Dエコーでも分かる?

 

お腹の中の赤ちゃんにへその緒が巻きつくのはそれほど珍しいことではありません。

 

すべてのお産の2割くらいには見られると言われています。

 

身体や手足に巻きつくこともありますが、首に巻きつくことが一番よくあるケースです。

 

へその緒が巻きついているのは3Dのエコーはもちろん2Dエコーでもほぼ分かります

 

たいていは、巻きつきは一周のみですがなかには二周やそれ以上のこともあります。

 

へその緒は、巻きついているといっても緩いことが多く、常に赤ちゃんの身体を締め付けているわけではありません。

 

それに、お腹の中の赤ちゃんは羊水の中におり肺を使った呼吸をしていませんので首が締まって呼吸が苦しいということはないのです。

 

赤ちゃんに酸素を送ってくれるのがへその緒ですので、へその緒の血流がきちんと保たれているかどうかが大事です。

 

へその緒が何重にもからまって血流が悪くなるくらい強い圧迫を受けることはめったにありません。

 

 

へその緒が巻きつくとどんな影響がある?赤ちゃんは大丈夫?

 

へその緒が赤ちゃんに巻きついていても大きな影響はないことが多いです。

 

ただ、何周にも巻きついていてへその緒が強く圧迫され、赤ちゃんに行く血流が乏しくなってしまっている場合には赤ちゃんが苦しくなってしまいます。

 

赤ちゃんに影響があるか否かはどうやって分かるの?

 

へその緒の血流が保たれているかどうかはエコーのカラードプラ法で調べることができます。

 

また、赤ちゃんが苦しいかどうかは赤ちゃんの心拍数を調べるモニターで知ることができます。

 

妊婦検診の時にエコーや心拍数は毎回確認しています。

 

気になるようであれば、その際に直接先生に聞いてみましょう。

 

赤ちゃんに影響ありと判断された場合はどうなるの?

 

もしへその緒の血流が少なくなってきて赤ちゃんが苦しいような様子が判明した場合は、吸引分娩緊急帝王切開で速やかに赤ちゃんを外に出してあげる必要があります。

 

産婦人科の先生の指示どおりにきちんと受診・入院などをして処置が必要と言われたらそのとおりにしましょう。

 

 

へその緒の巻きつきは治る?原因や妊婦が気をつけられることはある?

 

エコーを見て赤ちゃんの体にへその緒が巻きついていることがわかっても外からはどうすることもできません

 

赤ちゃんが羊水の中で動き回っているうちに巻きつきが治ることがありますが更に何周にも巻きつくこともあります。

 

へその緒が長いほうが巻きつきが多くなりやすいとか赤ちゃんの動きが活発だと巻きつきやすいとか色々な原因が言われていますが、妊婦さん本人がどうしようもないことばかりです。

 

前の項にも述べていますが大事なのは、へその緒が巻きついているかどうかよりへその緒の血流が保たれているかどうか赤ちゃんが苦しくないか、です。

 

へその緒が巻きついているだけでは赤ちゃんに悪い影響はなく治療法などもありませんので心配しすぎる必要はありません。

 

ママである妊婦さんのストレスや体重管理など赤ちゃんの状態に影響するような他の原因をなくすよう産婦人科の先生や助産師さんのアドバイスを良く聞きましょう!

 

まとめ

 

おなかの中の赤ちゃんにへその緒が巻きつくことがありますが、それだけを心配しすぎる必要はありません。

 

3Dエコーはもちろん、2Dのエコーでもほぼ診断できます。

 

胎児は肺を使った呼吸をしていませんので、へその緒が首に巻きついたりしても苦しくありません。

 

また巻きつきは緩いことが多く常に締め付けられているわけではないことがほとんどです。

 

しかし、へその緒の圧迫がきつく血流が悪くなったりして赤ちゃんが苦しくなる場合は吸引分娩や緊急帝王切開で急いで赤ちゃんを出してあげる必要があります。

 

もし、へその緒が首に巻きついていることがどうしても気がかりであるようならば、カラードプラでへその緒の血流を見てもらったり、胎児心拍モニタリングで赤ちゃんが苦しくないか調べてもらったりして、産婦人科の先生の指示に従いましょう。

 

へその緒が巻きつきはへその緒が長いことや赤ちゃんの動きが活発であることが巻きつきの原因であるとも言われています。

 

逆子のように体操があるわけでもないため、妊婦さん本人にはどうすることもできません。

 

もし、へその緒が首に巻きつくことが心配になったとしても、へその緒が巻きついているだけでは赤ちゃんがすぐ危険な状態というわけではありません。

 

あわてずに妊婦健診を受けに行きましょう。

 

 

へその緒が首に二重に絡まった出産を実際に経験しました!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング
タイトルとURLをコピーしました