妊娠は何ヶ月まで隠せる?職場に隠して仕事を続けるリスクとそれでも隠したい時の対処法




妊娠は何ヶ月まで隠せる?

浜崎あゆみが昨年末に極秘出産をしていたというニュースがありましたが、すごいですよね。

私も第三子の妊娠は極力知られないように振舞っていたおかげで、ママ友のうち何人かには出産10日前でも気が付かれませんでした。

もちろん、早々に気づいた人もいますが。

ただ、なんとなくバラしたくないだけであればいいですが、仕事をしていると産休や引継ぎが絡んできたりするので難しいですよね。

ここでは、妊娠が発覚した後、どういったタイミングで公表するのがよいのか?
妊娠を隠して仕事をするリスクや、隠したい時に使える方法等を中心にご紹介します。




妊娠を隠して仕事をするリスク

妊娠の約15%は流産に至る、と言われています。

しかも流産が生じるタイミングは主に妊娠初期~安定期に入るまで、とも。

妊娠が発覚した後、一般的には、上司や一部の関係者のみに事情を伝え、流産のリスクが減る安定期に入った頃に、周囲の関係者の方々に公にしながら産休まで働いていくパターンが多いです。

「妊娠をしてすぐに話すなんて、浮かれてるって思われるんじゃ…?」

と思われる方が多いかもしれませんが、実は、この妊娠初期~安定期、お腹に赤ちゃんが宿り、母体が急激に変化をしていく時期でもある為、つわり・体調不良 等が起こりやすい時期と言えます。

また、お腹も大きく無く、周りにも公表していない方が多いため満員電車で容赦なくお腹を押される事もありますし、営業や夜の接待・飲み会が盛んな仕事の場合、飲み会にも誘われたりします。

また、日常的に重い物を持ったり、立ち続けたりする仕事の場合、非常に辛くなってしまう事も。

「そういったリスクも踏まえた上で、私は黙っていたい!」と言うのであれば反対はしませんが、お腹の赤ちゃんに何かあった後では遅いです。

必要以上に自分を責めないためにも、体調不良を感じた場合、流産のリスクがある行為が頻発される場合等については、せめて、「直属の上司」だけでも事情を伝えてはいかがでしょうか?

妊娠が順調に進んだとしても、いずれは「産前・産後休暇」をもらい仕事を引き継いでいく事になります。

現状の体調・いつ周囲に話すか(いつまで黙っていて欲しいか)

順調に行った場合、いつごろ休みを取るのか?

また、今後の仕事について、このままの仕事量で問題無いか?

力仕事等減らして欲しい仕事がある場合の相談もしなければいけませんよね。

「社内に一人でも理解者がいる」と思うだけでだいぶ心も楽になるハズですよ。

それでも妊娠を隠したい…極力、妊娠を隠す方法

それでも、例えば、流産の経験がある方

上司とうまくいってない場合何かすぐに言えない事情がある場合・・・

などもあるかと思います。

そう言った際は、下記のような方法を使って、妊娠を隠してみてはいかがでしょうか?

最近体調が芳しくない、と伝えておく

妊娠中は何かと体調が崩れがちです。

また、飲酒・喫煙(受動喫煙)も避けなければなりません。

会社を急にお休みする頻度が増えたり、飲み会の際にノンアルコールを飲んだり、欠席したり…という事が続くと勘の鋭い方は「もしかして妊娠では?」と気付かれる、かと思います。

そういった事態を防ぐためにあらかじめ「最近体調が悪くて…」等と周囲に伝えておき、お休みをしたり、飲み会でノンアルコールを飲んだりしても疑いをもたれないようにしておくと良いかもしれません。

重いものを頻繁に持つ方は、

「最近腰を痛めてしまって、重すぎるものは持てないかもしれません」

等とフェイクの理由を先に説明しておくと、嫌みなく、妊娠初期の危険行為を回避できるかと思います。

ゆったりした服を着る

早い人は妊娠3~4ヶ月頃、安定期に入る前からお腹がふっくらとしてきます。

「最近お腹大きくなってきてない?」

なんて言われて妊娠を勘ぐられるのが嫌…

と言う方は、是非、スカートタイプのふわっとした服早めに着ておきましょう

スキニ―タイプのパンツ等は体のラインが強調されますので履かないように。

マタニティ―用のパンツもありますが、やはりパンツは一般的にお腹が強調されやすいです。

それでもパンツが良い!と言う方は

ロングカーディガンを羽織ったり、トップスを気持ち長めのものにしておくと、おなか周りが隠れて分かりづらくなりますよ。

色も白や黄色は膨張色なのでトップスは紺色をチョイスするようにしましょう。

マスクを着用する

妊娠の週数が進むとお腹周りだけではなく、体全体がふっくらとしてきますが決して顔も例外ではありません。

顔がふっくらとするだけでなんか太ったな・・・そういえばあれ?お腹が・・・

なんて勘繰られてしまうこともあります。

そのために早めにマスクを着用しましょう。

マスクは顔周りがふっくらとしてきたのをカムフラージュしてくれますし、臭いシャットアウトしてくれるのでつわり対策にもなりますし、抵抗力の落ちた妊娠中の体をウイルスから守ってくれます。

春であれば花粉症、夏であれば夏風邪、秋であればフタクサ花粉、冬であれば風邪予防で年中マスクをする理由がありますので、マスクをしているからといって怪しまれることはありません。

いずれも、「お腹の赤ちゃんと母体を危険にさらさない」という事を念頭に、くれぐれも無理はしない様にして下さいね。

入社2年目のできちゃった結婚についての記事です。

まとめ

以上、「妊娠を 隠して仕事をする」と言う事についてまとめました。

妊娠を隠すリスクを十分に理解した上で、信頼出来る周囲の方に相談をしながら、今後の妊娠期間をどう過ごしていくかを考えてみてください。

まずは、お腹の赤ちゃんと母体の体調を第一に!ご自身の納得のいくマタニティーライフが過ごせる事をお祈りしています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする