ウインナー生でも食べれる?




ウインナー生でも食べれる?

ハムはパックをあけてそのままサラダに入れて食べることがありますが、ウインナーは基本的に焼くなりボイルをして食べる人がほとんどではないでしょうか。

では、袋を開けてそのまま加熱をせずに生のまま食べても大丈夫なのでしょうか?

食肉メーカーに勤める友人に聞いてみました。




ウインナーは袋からあけてすぐに食べても大丈夫

ウインナーは基本的に袋から出してすぐに食べることは可能です。

その証拠にパッケージの裏面を見てみると加熱食肉製品と書いてあります。

これは食品衛生法によって定められた分類であり、文字通り、既に加熱された食肉製品ということを意味しています。

すなわち、ウインナーは加熱されたものなんです。

よく、スモークなんていいますが、日本語で燻(いぶし)。

これは煙で香りづけ、風味付けをすることなのでこの工程で加熱されていることが分かります。

ちょっと考えてみれば分かることだったんですね。

ウインナーを生のまま食べるのはやめた方がいい

袋から出してそのまま食べることはできるといえども、おすすめはできません。

その理由をご紹介します。

単においしくない

ウインナーの原料には豚脂(ラード)が多く含まれているため、冷えた状態では豚脂が白く固まった状態です。

豚脂が固まった状態のウインナーなんて美味しいわけがありません。

ジューシーなウインナーであればあるほど、豚脂を多く含んでいるのでまずいでしょう。

ウインナーは練り製品のため傷みやすい

ウインナーの原料はミンチ状の肉です。

ミンチ肉は何度も刻まれているため、一枚肉の状態よりも汚染されやすい状況にあります。

それはすなわち傷みやすさを意味しています。

そのため、ウインナーはハムやベーコンなどに比べて傷みやすいといえます。

賞味期限内にパッケージを開封したてのものと賞味期限が切れたもの開封後時間が経ったものとでは安全性に違いが出てきてしまいます。

そのため、少しでも食中毒の危険性を低くし、安心してために食べるためには加熱してから食べる方がより安心して美味しく食べることができます。

生のまま食べてはいけないウインナーもある

基本的にウインナーは袋を開けてすぐ加熱をしなくても生のまま食べられるという話をしてきましたが、例外的に生のまま食べてはいけないウインナーもあります。

それは生ソーセージといわれるものです。

その名の通り、本当に生なのです。

こちらは加熱食肉製品とは書かれておらず、食肉半製品、未加熱食肉製品、食肉加工品といった形で書かれています。

なんだかよく分からない。

区別がつかない?!

と心配をする必要はありません。

必ず、目につくところに加熱してお召し上がりくださいと記載されています。

とはいえ、普段食べているウインナーは基本的には加熱食肉製品、すなわち、そのまま食べても平気なものです。

真空パックのもの、2個バンドルのもの、平袋になったものなどたくさんありますが、基本的には加熱食肉製品のウインナーです。

シャウエッセン、アルトバイエル、香薫・・・

みんな加熱食肉製品です。

生ウインナーは日持ちがしないため、冷凍で販売されていることが多いといいます。

まとめ

ウインナーは既に工場で加熱されているため、基本的には生のまま食べることができます。

しかし、味の面でも衛生面でも焼くなりボイルをしてから食べることをおすすめします。

また、例外的に生ソーセージは未加熱のものであるため、必ず加熱が必要になります。

とはいえ、普段よく目にする、よく食べているウインナーは加熱済みのものなので見分けがつかないといった心配はいりません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする