伸びずに洗濯するコツは?…手洗い表示のニットを普通に洗濯する方法




手洗い表示があるニットを普通に洗濯するのはアリ?

手洗い表示のついたニットを洗濯機で洗ったら袖の部分が伸びてしまった!

やっぱり手で洗えばよかったの?!

なんてショックを受けた経験はありませんか?

でも忙しい家事に追われる毎日、手で洗うのは大変ですよね。

クリーニングに出すと結構かかるし……

困ったなぁ。

なんて悩まなくてもだいじょうぶ!

いくつかの注意点を守れば、普通に洗濯機で洗濯できますよ。




手洗い表示のニットを洗濯機で洗う時、何に気をつければいいの?

手洗い表示のニットを洗濯機で洗う場合に、どのような注意点があるのか見ていきましょう。

「手洗い可」のマークがあるか確認する。

当然と言えば当然ですね。

手洗いマークに×がついている時は水洗いできません。

あきらめてクリーニングに出すのが無難です。

洗濯機に「手洗いコース」「ドライコース」「おうちクリーニング」などのボタンがついているかどうか確認する。

中にはこれらのボタンがない洗濯機もあります。

その場合は残念ですが、地道に手で洗うしかありません。

おしゃれ着用の洗剤を使う。

普通の洗濯用の洗剤では強すぎてニットを傷めてしまいます。

大切なニットですから、洗剤も専用のものを使いましょう。

洗濯ネットを使う。

大切な衣類を洗うのに欠かせないのが洗濯ネット。

手洗い表示のものを洗濯機で洗う場合は洗濯ネットを使いましょう。

さて、洗濯ネットを使うと言っても、ただ放り込めば良いわけではありません。

きちんとたたんでネットに入れる。

ニットをネットの大きさに合わせてたたんで入れましょう。

ネットの中で洗濯物が動いてこすれたりしないようにするためです。

この時、よりダメージを少なくしたいのなら裏返してたたむという方法もあります。

また、汚れている箇所がある場合にはそこを表側にすると、よりきれいに洗いあがりますね。

1枚のネットには1枚のニット。

ひとつのネットに何枚ものニットを入れるとネットの中でニット同士がこすれあってしまい傷んでしまいます。

これじゃあ、何のためにネットに入れたのかわからなくなってしまいますよね。

以上を守れば準備OKです。

ちなみにニットを洗う時は30℃くらいのぬるま湯を使うようにしましょう。
これ以上温かいお湯を使うと繊維が傷んでしまいます。

お風呂の残り湯を使う場合は注意が必要です。

洗濯機で手洗い表示のものを洗濯する時のコツは脱水にあり!

洗濯機で手洗い表示のものを洗濯し、脱水するときですが意外なことに手でしぼるより、洗濯機の脱水の方がおすすめなんだとか。

手でしぼると水気を切ろうとしてどうしてもねじってしまうためニットが傷んでしまうんですね。

手で洗った場合でも脱水は洗濯機にお任せしましょう。

きちんとネットに入れていれば大丈夫。

傷めずに洗濯機で脱水できますよ。

ただし、時間は30秒~1分以内で脱水を終えることが重要です。

ニットを干す時はできるだけ平らに

脱水が終わったら、なるべく早く洗濯機から取り出して干します。

その時のポイントは平干しすること。

平干し用のネットや台があるならその上に形をきれいに整えて干します。

平干し用のネットはあまり売られていませんが、ネットでなら簡単に購入できます。

台の部分も網になっているので両面がまんべんなく早く乾かすことができます。

平干し専用がない場合はピンチハンガーの上にのせて干したり洗濯竿の上にかけて干したりすることもできます。

竿にかけるときには、胸のところから半分になるようにかけ袖が下に垂れ下がらないように両袖も竿にかけてあげましょう。

ここで袖をだらんとさせると

「伸びちゃった!」

ということになりかねませんよ。

私はいつも竿に干しています。

ある程度乾いたらひっくり返して竿にあたっていた方を表にして干します。

ひっくり返さないと反対側が生乾き臭になってしまうこともあるので注意しましょう。

これで今まで形が崩れた、と感じたことはありません。

まとめ

いくつかの点に気をつければ洗濯機で手洗いマークの付いたニットも洗えます。

柔軟剤も普通に使えますし、むしろ使った方がふっくら柔らかに仕上がるようです。

洗濯ネットや脱水を上手に使ってニットの洗濯機洗いに挑戦してみてくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする