成長が早いほど将来有望?ハイハイが早い子は運動神経がいいもの?




ハイハイが早いと運動神経がいい?頭がよくなる?

我が子を持つと、発達が良い子なのかどうか、将来どうなるのか色々気になりますね。

特に、自分の運動神経に自信がなかった場合は子供に遺伝するのでは、と思ってしまいます。

運動能力は骨格や筋肉と関連しますので遺伝も無関係ではありません。

ですが、子供の運動能力に遺伝が関係するのは3割程度と言われています。残り7割は、訓練などの環境要因で変わってきます。

特に、ハイハイは子供の運動能力の発達に役立つと言われており注目されています。

ハイハイをし始める時期や、ハイハイのスピードはあまり関係ありませんがハイハイをする期間が長いほうが良いと言われています。

ハイハイが子供の身体や能力に及ぼす影響につき色々調べてみました!




ハイハイ期間が長いとメリットあり?足腰が強くなるって本当?

赤ちゃんの行っているハイハイって、どんな運動なのでしょう?

手足をしっかり床につけ身体が倒れないようバランスを取りながら4本の手足を交互に使って前に進みます。

この時、色々な筋肉が働いています。

腹筋や、手の筋肉足の筋肉のほか頭を上げて前を見ていますので首や肩の筋肉も使っています。

これらの筋肉をたくさん使うことで手足をうまく動かしたり、身体のバランスを取ったりする体幹が発達します。

また、床を踏ん張って前進する際に必要な足の指(特に親指)の筋肉が成長します。

これらの筋肉の成長は、やがて立って歩く時に必要なバランスや反射神経、運動のためにとても大切です。

ハイハイでは左右の手足を交互に動かすため左右や上半身・下半身で違う動きを行うという訓練になります。

身体の異なる部分を同時に自在に動かすということはスポーツをする上で基礎となる大事な能力になります。

ハイハイをすれば自動的に運動神経の良い子になるというわけではありませんがハイハイを長い期間行うことで手足の筋肉や体幹が鍛えられます。

立って歩くようになってからも身体をしっかり支え良い姿勢を保つことに役立ちます。

身体のバランスを取るのが上手になるので走ったりボールを投げたりといった動作が得意になりやすいといえます。

ハイハイをあまりしないまま立った赤ちゃんは手を床に付くことに慣れていないため転んだときにとっさに手が付けず、受け身が上手ではないというのも本当です。

ハイハイを長くちゃんとした子は頭が良くなる!?

赤ちゃんは、まだ言葉もよくわかりませんし視力があまり良くありません。

そのため、周囲のものを確認するのに触る、なめる、かじるといった方法で確認することが多くなります。

赤ちゃんが手の平や指で色々なものを触ってみることで脳に刺激が与えられます。

手足を使うと脳の血流が良くなり脳神経に栄養分がたくさん届けられます。

複雑な手足の動きをたくさん行うことで神経の枝分かれがたくさんできて知能の発達も促されるのです。

ハイハイをすることが頭を良くするのにベストな動きだとは言い切れません。

ただし、ハイハイをする時の手や足を動かす複雑な動きは脳に刺激を与え、脳にいい影響を与えてくれるといえます。

安心して楽しくハイハイができる環境を作れる親の配慮が赤ちゃんを賢くする

また、赤ちゃんがたくさんハイハイをすることができる環境について考えてみます。

ハイハイができる広いスペースが確保されておりよく掃除されているお部屋や床に誤飲しそうなものなどが落ちていないといった場所ですね。

また、赤ちゃんが怪我をしないよう家具の角にクッション材を貼ったり危険なところに入り込まないよう柵なども設置されていると良いですね。

こういった気遣いができる環境に育つと、今後の子育てにおいて、整理整頓や片付けなどがきちんとできる子に成長します。

そして、赤ちゃんがハイハイをする時に大好きなパパやママが声をかけたり時には一緒にハイハイをして遊んだりしてみると楽しいでしょう。

赤ちゃんはママやパパと遊ぶのが大好きです。

楽しいと思う時に脳は活性化します。

周りの大人が赤ちゃんのために細やかな配慮をしてあげる環境を作るということも赤ちゃんの情緒の発達にとても大事です。

うちの子なかなかハイハイをしないと心配に思ったら?

ハイハイをたくさんすることの大切さについて書きましたがもし赤ちゃんがなかなかハイハイをしなかったりハイハイをしても短期間で立ち始めたりしてもがっかりすることはありません。

「器用貧乏」という言葉があります。

何でもあまり努力せずすぐ上手になってしまうために一つのことをコツコツと長く続けられず結局どれも一流になれない、というような意味で使われます。

うちの子、なかなかハイハイしないなぁ、と思っても自分も一緒に寝転がって遊んだりあまりハイハイしないですぐ立ってしまった、という時はわざとゴロゴロ寝そべって遊ぶよう赤ちゃんを誘ったり・・・

赤ちゃんのペースに合わせて一緒に遊びながら発達を促していくという周囲の大人からの愛情や粘り強く努力する態度もきっと赤ちゃんの将来に役立つはずです。

まとめ

運動能力に遺伝が関係するのは3割程度であとの7割は筋肉の使い方などの環境要因です。

赤ちゃんがハイハイをする時手足の筋肉、腹筋、首や肩の筋肉などをたくさん使います。

また、左右別々の動きを自由自在に行うことが得意になります。

赤ちゃんがたくさんハイハイをすることで立って歩くようになってからも身体のバランスを取ることが上手になります。

転んだ時にもとっさに手を付いて大怪我にならないように対処できるようになります。

ハイハイをすると、赤ちゃんが手で色々なものに触れ手足をたくさん動かします。

脳の血流が豊富になり、神経の回路も強化され知能の発達を促すことにも役立ちます。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする