【体験談あり】憧れの巫女バイトでは暗算が必須?きついって本当?




この記事は巫女さんのアルバイト経験がある方の体験談を元に構成しています。

巫女さんバイトは暗算が必須?辛いのは本当?

巫女さんのバイトってすごく憧れてしまうし、とっても素敵な感じがしますよね!

でも実際にはどんな仕事をするのか気になってしまうでしょう。

やっぱりきつい仕事とかもあるんでしょうか?

実際に巫女のバイトをする前には、その実態を知っておくのが一番です!

筆者は巫女のバイト経験者なので、今回は筆者の実体験も交えて、巫女のバイトは本当にきついのかどうかを紹介します。




巫女バイトは年齢制限アリ?どこで求人を探すの?

なんとなく、他のバイトと比べると敷居が高いイメージがありますよね。

実際のところはどうなのでしょうか。

巫女バイトの年齢制限は?高校生は?

結論からいうと巫女は10代~20代の女性しかなれません

もちろん、アルバイトの巫女さんの年齢制限も、10代~20代と若い年代のみの募集になります。

実はバイトではなく本職の巫女さんの定年も、20代とかなり短いんですよ!

でも確かに、巫女さんって若い女性しか見かけませんよね。

つまり巫女さんになれるのは若い女性だけということになります。

では神社に就職した場合、巫女の定年を迎えたらどうするかというと、巫女ではなく神社の事務員になったり、もしくは神主さんを目指す、全く違う仕事に転職するなど色々なパターンがあるんですよ。

ちなみに神主さんの場合は何歳でも大丈夫なんですが、神職資格の取得するために専門の大学に通わなければいけないんです。

東京都の國學院大学、三重県の皇學館大學の2校のみ神道学科があります。

ちなみに筆者は高校生の時に巫女さんのバイトをしていました。

巫女さんのバイトをしたい場合、まず比較的規模の大きな神社、有名な神社へ問い合わせをしてみるのが良いですね。

参拝客が多い神社は年末になると、お正月にたくさんの人手が必要になるため、バイトの巫女さんを募集しています。

そのため、近くにもし大きな神社があるのでしたら、11~12月頃になったらバイトを募集しているか直接電話で問い合わせをしたり、また目星をつけている神社のホームページをチェックしてみると良いでしょう。

筆者も電話で問い合わせて応募しましたよ!

ちなみに、巫女さんのバイトの場合、多くは短期バイト、ということになります。

お正月の数日間だけとか、神社主催のお祭りの時期だけなど。

本当に人手が必要な時期しかバイト募集をしていないことが多いので、ずっと神社でバイトが出来る、というわけではないことを頭に入れておきましょう。

巫女さんのバイトはどんなことをやるの?暗算ができないといけないって本当?

神聖なる巫女さんの仕事の内容はどんなものなのでしょうか。

年末年始、巫女さんの仕事内容

巫女さんのバイトは主に参拝客にお守りやお札、破魔矢、おみくじを売ったりする販売業が主な仕事内容です。

でも正直、とってもきついのは本当です。

何より神社のお守り授与所(販売所)にはレジというものがないので、暗算をしてお守りのお会計をしないといけないんです。

巫女さんのバイトで最も大変なのは暗算

複数お守りを買う人も、1万円札を出してくる人も当然いるので、素早く暗算が出来るようにならないと、参拝客を待たせることになってしまうんですよ!

筆者も初めてバイトをした時は、合計金額が分からなくなってしまい、頭が真っ白になってしまったことがありました。

しかも、バイトをするのは年が明けたてすぐ元日の夜からなので、寒いし眠いしとっても大変なんです。

巫女バイトでその他、覚悟しておくべきこと

丸々一晩中、お守りを売ったりしないといけないので、慌ただしいし気の休まる時がありませんでした。

ちなみに巫女装束はそんなに暖かくありません。

上からジャンバーを羽織るわけにもいかないため、中にヒートテックなど温かいインナーをしっかり着込んでいましたよ。

しっかりと寒さ対策をして、暗算に自信があれば、巫女さんのアルバイトはそんなに大変ではありません。

特に接客業経験者なら問題ないでしょう。

あとは巫女さんのバイトをするなら、髪は染めないようにして、アクセサリーやマニキュア類も外す必要があります。

巫女さんは

・茶髪や金髪不可

・アクセサリーやマニキュアも不可

そういったドレスコードもあるので覚えておいてくださいね。

以上が巫女さんバイトの実態ですが、あなたには向いていそうですか?

筆者は残念ながらあまり向いていなかったんですが、神社職員しか入れない場所に入ることができたり、何より巫女装束を着られたりして、とっても良い経験ができました。

せっかく、巫女バイトの求人を見つけても電話をするのに勇気がいりますよね・・・

そんな時は是非、参考にしてみてください。

バイトの申し込みをする時、緊張しないための極意についてご紹介しています。

↓↓↓

まとめ

巫女さんのバイトは基本的に若い女性しかできません。

それに、大きな神社でないと求人が出ていないので、ホームページを見たり、神社に問い合わせをしてみるといいですよ。

そして、巫女さんバイトの主な仕事はお守りなどを売ることになりますが、暗算は必須です。

一見優雅に見える衣装とは程遠く、どんどん人が買いに来てとっても大変です。

それでもやってみたいのであれば、ぜひ最寄りの神社や希望する神社に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする