どんど焼きで燃やしていいものは?お守り・お札・ぬいぐるみ・人形ってどうなの?

未分類

 

どんど焼きは不要になったお正月飾りなどを燃やすものですが、古くなったお守りとか、人形とかも燃やしてしまってもいいんでしょうか?

 

 

どんなものを燃やしてOKで、反対にどんなものなら燃やすのがNGなのか知っておきたいですよね。

 

しかもどんど焼きの火で食べ物を焼くことができるけれど、その場合はなにを持っていくといいの?

 

 

今回はどんど焼きに参加する場合に知っておきたい、燃やしていいものや焼くと美味しい食べ物などを紹介します!

 

 

どんど焼きでお守り・お札・ぬいぐるみ・人形は燃やしてもいい?

 

 

結論からいうと、どんど焼きではお守りやお札は燃やしていいと判断される場合は多く、ぬいぐるみや人形はNGな場合が多いです。

 

そもそもどんど焼きの目的は・・・

その年のお正月に飾っていたしめ縄や門松など、正月飾りを燃やすことにあります。

 

 

そのため、ぬいぐるみや人形などは、どんど焼きの趣旨からは外れてしまいます。

 

 

ではどんど焼きでは何を燃やしていいのかを更に詳しく解説しますね。

 

正月飾り以外にどんど焼きで燃やせるもの

 

おみくじ破魔矢書初め榊(さかき)古いお守りお札などです。

 

ただし、神社でどんど焼きを行う場合は、その神社で購入したお守りやお札でないと、燃やしてもらえないこともあります。

 

その場合は、お守りやお札を買った神社やお寺にいって、お焚き上げをお願いするようにしましょう。

 

また、正月飾りを含め、燃やしていいものでも、プラスチックやビニール、ガラス、金属類、化学繊維などのパーツが付いている場合は、それらを取り外してからどんど焼きで燃やしてもらいましょう。

 

どんど焼きで燃やせないものは・・・

 

ぬいぐるみ、雛人形などの人形類、年賀状、写真、カレンダー、仏具など。

 

特にぬいぐるいみは化学繊維が使われているものが多いため、どんど焼きでは燃やせない場合がほとんどです。

 

ちなみに、だるまや招き猫など縁起物に関しては、地域によって燃やして良い場合とそうでない場合があります。

 

そのため、もし縁起物を燃やしたい場合は、どんど焼きの主催者側に問い合わせをしましょう。

 

燃やして良いものとダメなものを教えてくれます。

 

ちなみに・・・

 

どんど焼きって、お正月にお迎えした歳神様が天にお帰りになる、という神聖な儀式でもあるため、当然ながら可燃ゴミ類を燃やそうとするのはNG!

 

あくまでもお正月や神様に関連するものを燃やすと考えておくと良いですね。

 

 

どんど焼きで食べたいモノをまとめました。

切り餅をどんど焼きで焼く方法もご紹介しています。

上手などんど焼きのお餅の包み方や焼き方とは?おすすめ具材も紹介
どんど焼きでは、お餅やお団子などを持ち寄って、その火で焼いて食べるという風習があります。 神聖な火で焼いた餅などを食べることで、その年1年間の無病息災などを祈願します。 昔からの定番は餅やお団子の...

 

まとめ

 

どんど焼きで燃やしていいものはお正月飾りや古いお守りやお札、書初め、破魔矢などですが、神社が主催の場合は、違う神社仏閣のお守りなどは燃やせません。

 

また、人形やぬいぐるみなども燃やせないのでご注意を。

 

縁起物に関しては地域によって考え方が異なるので、事前に問い合わせておくといいですよ。

 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング
タイトルとURLをコピーしました