イマドキの七五三事情!何回やるの?女の子が2回やる理由は?




一般的には女の子だと3歳と7歳の2回する、というイメージがありますよね?

でも実際、2回も七五三をするなんてちょっと大変じゃありません?

写真撮影や衣装の手配をするのにもけっこうなお金がかかります。

おじいちゃんおばあちゃんに声をかける、かけないでひと悶着あったり・・・

女の子がいるお家でも、正直、一回で済ませたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

また、昔と違って価値観が変わってきている今、どのように七五三をしているのでしょうか?

そこで今回は、七五三は何回するべきなのか、女の子でも1回だけで大丈夫なのか、またそもそも七五三は何のためにするものなのかをイマドキの事情を交えながら紹介します。




七五三って何をしなくてはいけないの?その由来は?

七五三の由来はよく知らないけれど・・・

・なんとなく、やらなきゃいけないものだ

・写真館で写真を撮るもの

・着物を着て神社でご祈祷をしてもらわなくてはならない

そんな風にこうしなくてはいけないと思い込んでいる場合も多いんじゃないでしょうか?

ということで、まずは七五三の由来や意味を知っておきましょう!

七五三の由来を簡単に説明

その昔、日本では『七歳までは神の子』といわれており、乳幼児の死亡率がかなり高いものでした。

そこで、子供が3歳、5歳、7歳と、無事に成長できたことを祝い、これからの健康を祈るために、儀式を行ったことが始まりです。

その儀式というのが、髪置(かみおき)、着袴(ちゃっこ)、そして帯解(おびとき)というもので、これらが七五三の由来になったとされています。

髪置 3歳の儀式

髪置とは男女問わず、子供が3歳になった時にするもので、髪を伸ばし始める儀式のことです。

着袴 5歳の儀式

着袴とは袴着(はかまぎ)とも呼ばれており、5歳になった子供に初めて袴を着せ付けるという儀式。

ちなみに、着袴は平安時代では男女ともに行っていましたが、鎌倉時代からは男の子だけの儀式になったんですよ。

帯解 7歳の儀式

帯解はそれまで紐を結んで着付ける子供用の着物から、きちんと帯を結ぶ着物を着始める、7歳の女の子に行う儀式です。

七五三の歴史

これらの儀式はその昔、貴族など身分高い家の子供に行うものだったんですが、江戸時代になると武家や商人の家にも広まります。

そして明治時代になると、3つの儀式をまとめて七五三と呼び、庶民の間にも広まることになり、現代まで至るということです。

今でこそ医療の発達によって、乳幼児の死亡率は高くありませんが、子供の成長や今後の幸せを祈るために、七五三はぜひお祝いをしてあげたいですね。

七五三、なぜ女の子はみんな二回やるの?一回で済ますのはアリ?

七五三って、女の子は3歳と7歳の2回するのが一般的ですね。

でも実は男の子も2回、七五三を行う地域もあります

そもそも七五三のルーツになった儀式を見てみると、3歳に行う髪置は男女ともします

5歳の着袴は男の子に行う儀式で、7歳の時にする帯解は女の子の儀式なんですよね。

つまりこうしてみると、昔は男の子も女の子も、それぞれ2回ずつ、儀式をおこなっていました。

ところが、いつしか男の子は5歳の着袴のみするようになり、女の子が3歳と7歳の2回、儀式をするかたちに変わっていったんですね。

実際、みんなは七五三は何回やってる?

でも、やっぱり七五三って2回しようとすると、すごく大変ですよね…。

3歳だと衣装を着せたり記念撮影したり、神社にお参りに行くのにもやっぱり大変です。

下に兄弟がいたりしたら本当に大変ですよね。

そのため近年では、女の子でも七五三を1回しかしない、という家庭も増えています

もちろん1回だけでも問題ありません。

様々な理由で7歳の時にだけ七五三をする家庭もあります。

7歳の女の子なら衣装を着ても嫌がることも少ないですし、むしろ喜んで着てくれるので、写真撮影もスムーズにできますよね!

昔から七五三も時代とともに変化していっているので、1回しかしないからといってそこまで気にする必要ありませんよ。

ただし、女の子なのに七五三を1回しかしないとなると、おじいちゃんおばあちゃんが何か言ってくる場合があるかも…。

そんな時は両者の意見を取り合わせる形で3歳は簡単に七五三を済ますのはいかがですか?

イマドキの七五三!簡単に七五三をするには?写真のみ、お参りのみはアリ?

7歳ではちゃんとやろうと思っているけど、3歳でも七五三をしないと親がうるさい・・・

お祝いはしてあげたいけど、今はできない・・・

そういう方は案外多いものです。

写真館で写真を撮って、着物を着て祈祷をしてもらわなくても、子供の成長を祝う気持ちが大切です。

簡素化してもよいでしょう。

写真だけ撮って形を残すお参りだけするという人も増えています

祈祷ができなくても、家族そろって神社を参拝するのもよいでしょう。

もっと言えば、子供が喜ぶ美味しいものを食べに行ってお祝いするのもよいのではないでしょうか。

祈祷や衣装にかかるお金を一眼レフを買うお金に回して自分で写真を撮ったなんて人もいます。

どんな形であれ、子供の成長をお祝いをすれば七五三の目的を達成できます。

3歳ではちょっとできないけど、お祝いはしてあげたい、と思うのであれば形式にとらわれず、このように簡素化してお祝いをしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

七五三はその昔、髪置、着袴、帯解という3つの儀式だったのですが、時代とともに変化していって、それぞれの儀式を行う年齢から七五三と呼ばれるようになりました。

もともとは男の子も女の子も2回儀式を行っていたんですが、いつしか男の子は5歳だけ、女の子は3歳と7歳に行う、という風習に変化していきました。

でも家庭の事情によっては、女の子も七五三は1回でもOKです!

気になるようであれば、形式にとらわれずに、写真だけ、お参りだけなど簡単にお祝いしてあげてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする