就学時健康診断の服装は?気になる検診の内容、知能検査について




来春には小学校入学。

いろいろ準備が大変!と思っていたら、就学時健康診断のお知らせが来た!

就学時健康診断って何をするの?

当日はどんな服装をすればいいの?

分からないことが次々出てきますよね。

そんな新入学を控えた親御さんの心配事を解消したいと思います。




就学時健康診断では着脱しやすい服装で!その他、あらかじめ気をつけておきたいことは?

まず、健康診断の中身ですが

身長、体重、視力検査、聴力検査、耳鼻科検診、内科検診、歯科検診、

などがあります。

就学時検診にふさわしい服装

内科検診では上半身を脱ぐことになりますので着脱しやすい服装をしていくことが重要です。

具体的には、上半身ならTシャツのようにボタンなどがなく、簡単な造りで伸び縮みするもの。

下はウエストがゴムになっているズボンやスカート、ジャージなど。

反対に、小さなボタンがたくさんついていたり、複雑な造りをしていたりと子どもが自分で脱ぎ着するのに時間がかかるものは避けましょう。

また、あらかじめ気をつけておきたいことは身体の清潔でしょうか。

歯科検診耳鼻科検診がありますので、歯磨き耳掃除など、その辺清潔にしておきたいですね。

忘れがちな部分としては爪があります。

爪をきちんと切っていきましょう。

お医者様や先生はその辺もさりげなくチェックしていますよ。

就学時検診で親はどんな服装で行くの?持ち物は?

就学時検診の主役はもちろん子供です。

でも、親も失礼のないよう、入学準備がしっかりできるようきちんと出席したいですよね。

親の服装

親御さんの服装についてですが一言で言ってしまうと普通の格好で大丈夫です。

地域によるのかもしれませんが、ジーンズで来る親御さんも結構います。

仕事帰りなのかビジネススーツで来られる方もいます。

とはいえ・・・

普通の格好と言われても悩んでしまう…。

というなら、きれい目カジュアルあたりが無難なのではないでしょうか。

就学時健康診断は晩秋のことが多いですから薄手のセーターにきれい目なパンツとか。

持っていくと便利な持ち物

●大きめなバッグ

いろいろな書類を渡されます。中には折りたたまない方がよい書類がある場合もあります。

折りたたんでバックに忍ばせておくのもよいでしょう。

スリッパ

親御さん用のスリッパを準備してある学校も多いですが数に限りがありますので、持参していった方が親切です。

●筆記用具(ボールペン)

メモをするのはもちろん、話を聞いている間に記入してしまえる提出物もあります。

なるべくなら早めに済ませておきたいですね。

●その他

スマートフォンを忘れてしまうとかなり面倒です。

絶対に忘れずに持っていきましょう。

物品購入品の計算や袋などの見本の画像を撮影するのにとても便利です。

また、連絡先の交換の話になった時にできなくなってしまいます。

就学時検診でやる知能検査の内容はどんなものがあり、何を判断しているの?

身長体重などの身体に関する検査の他に就学時検診では知能検査が行われます。

この検査は、席について鉛筆を使って書く作業になります。

問題の内容ですが

・動物やくだものなどの絵が左右に描いてあり、どちらが多いか答えるもの

・見本の形と同じ形を探すもの

・同じ仲間(食べ物の仲間、動物の仲間など)をみつけるもの

・三角形や四角形を描かせるもの

などがあります。

数の量がわかるかどうか手や目の動きはどうかなどを判断するためのものですが検査の間、きちんと座っていられるかどうか先生の話を聞いて指示に従うことができるかどうかなどもチェックされることになります。

きちんと座っている、というのは勝手に立たずに座っていられることも大切ですが座っている時の姿勢も見られると思います。

おしりが半分ずり落ちているようなだらしない座り方はチェックされてしまうかもしれません。

知能検査のための勉強などは必要ありませんが正しい姿勢での座り方は一日二日で身につくものではないので普段から気をつけていた方が良いと思います。

また、寝不足だと課題にうまく取り組むことができません。

検診に向けて、普段からしっかり睡眠をとり規則正しい生活を送る習慣をつけましょう。

再検査になった場合はどうなる?

知能検査について分かりやすくまとめた記事はこちら

まとめ

就学時健康診断に行くときは、子どもは簡単に脱ぎ着ができる伸びのある素材のものを着ていきましょう。

小さいボタンがたくさんあるようなものは避けましょう。

親御さんは、基本は普通の格好で大丈夫です。大きめバッグとスリッパを持参しましょう。

就学時の知能検査はごく簡単なものなので事前に勉強するなどの準備は必要ありません。

でも、普段から規則正しい生活をすることや正しい姿勢で座ることなどに気をつけておくと良さそうですね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする