夜用アイプチにデメリットはある?昼用との違いは何?

コスメ

 

一重まぶたに貼って二重を作るテープといえばアイプチです。

 

これは商品名なので実際はいろいろな商品名で販売されていますが、すっかり二重用のテープや接着剤の代名詞になっています。

 

 

二重を作るためのテープや接着剤を使うのは、外出前だと思いますが、夜用のアイプチもあります。

 

 

昼用ものと比べて、どんな点が違うのかも含め、夜用アイプチのデメリットについてご紹介したいと思います。

 

夜用のアイプチを昼につけてもいいの?夜用と昼用の違いについて

 

 

アイプチは、まぶたに貼り付けるテープタイプ接着剤タイプがありますが、市販されている夜用アイプチは接着剤タイプがほとんどです。

 

夜用アイプチは夜寝る前にまぶたに塗って、二重を作った状態で眠ります。

 

昼間のように瞬きすることもないので、しっかり二重の状態がキープできるため、毎晩それを続けていると徐々にまぶたに二重のクセが付いて自然な二重まぶたになれる可能性があるのです。

 

昼用アイプチの特徴

 

昼間は夜と違って、瞬きもしますし、メイクをしたり、活動によって皮脂が増えます。

 

そのため、昼用のものは強い粘着力が優先されています。

 

強い粘着力を優先させたものは肌への刺激が強く、皮膚が敏感な人が使うとかぶれてしまうこともあります。

 

そもそも目の周りの皮膚は、他の部位よりも薄くてデリケートなので、健康な肌質の人でも二重作り用のテープや接着剤で肌荒れすることがあるくらいです。

 

夜用に比べて粘着力が強い昼用のアイプチですが、絶対に取れないというものでもないので、長時間の使用や大量の汗やプールなどでは取れてしまう可能性があります。

 

夜用アイプチの特徴

 

夜用アイプチは、肌に刺激を与えるような成分を使わない安全なものが数多く発売されているので、昼に使うテープや接着剤よりも、まぶたの皮膚に負担をかけずに使えます。

 

また、夜用アイプチでしっかりと癖がついてしまえば、昼間のアイプチは不要になり、朝のメイクの時間も短縮できますね。

 

特に夏場、皮脂や汗、プールなどの水に濡れても全く問題がありません。

 

アイプチを夜だけするのは効果アリ?夜用のデメリットは?

 

夜用のアイプチは人前に出ないのに、わざわざ寝る時間を使って二重まぶたを作る夜用アイプチは自然な二重を作ることを目的に使うものです。

 

毎日、外出する前にテープや接着剤で二重を作る作業を何年もずっと続けているのなら夜用アイプチで自然な二重まぶたになりたいと思うのは当然のことですよね。

夜用アイプチを使えば、誰でも自然な二重まぶたになれるわけじゃありません。

 

向き不向きがあり、夜用アイプチが向いていない人もいる

 

夜用アイプチは向き不向きがはっきりしています。

そのため、誰でも効果があるわけじゃないのが夜用アイプチのデメリットといえます。

 

まぶたが薄い人

 

夜用アイプチで自然な二重まぶたになりやすい人は、まぶたが薄くて脂肪が少ないタイプの目です

 

まぶたが厚いタイプの目には向きません。

 

夜用アイプチを使っても、くせがつきにくいため、自然な二重になれる可能性が低くなります。

 

夜用アイプチを1ヶ月以上使い続けても、まぶたに全く変化がないのなら昼用アイプチで人前に出る時だけ二重まぶたを作った方が確実に二重を作ることができます。

 

継続できる人

 

継続して使うことは大切です。

昼間は二重になってきたからといってすぐに辞めてしまうと、元に戻ってしまうこともあります。

きちんと二重をキープしたいのであれば、二重になったあとも定期的に続けることが、自然な二重まぶたを手に入れることに近づきます。

 

肌がデリケートすぎる

 

また、昼用に比べて肌に優しい成分で作られていることが多い夜用アイプチですが、それでも腫れてしまったり、かゆくなってしまう人もいます。

赤くなってしまったり、かゆみが出てきた場合は使用を禁止するようにしましょう。

 

昼用アイプチに比べて高額

 

美容成分を配合していることからも、1本3000円を超えるものも多いので気軽に試すにはなかなか勇気がいります。

 

もしかしたら、向かないかもしれません。

 

ずっと継続していくことになればお金がかかりますね。

 

プチ整形の選択

 

夜用アイプチも上手くいかず、ずっと二重作りのための製品を使い続けたくないのなら、メスを使わないプチ整形で二重を作った方が早いですよね。

 

プチ整形で二重を作る手術は、料金もそれほど高くなく、未成年でも保護者の同意があればアルバイトでお金を貯めて受ける人も増えているようです。

 

 

まとめ

アイプチをしていると汗や水ではがれてしまったり、テープやノリがキラキラ見えてしまうこともあるので、できれば自然な二重まぶたになりたいですよね。

 

夜用アイプチを使えば、ホンモノの二重まぶたになれるかも知れませんから、試してみる価値はあると思います。

 

でも、誰でもなれるわけじゃないので、その点は理解しておきましょう。

 

1ヶ月を目安に使ってみて、それでも全く効果を感じなければ夜用アイプチは向いていないかもしれません。

 

自分に合ったアイプチでメイクを楽しみましょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング

タイトルとURLをコピーしました