憧れの二重 無理なく使える夜用アイプチ!昼用との違いやデメリットとは?




一重まぶたに貼って二重を作るテープ
といえばアイプチです。

これは商品名ですから、
本当は色んな商品名で販売されています。

でもすっかり二重用のテープや接着剤の
代名詞になっています。

それほど大ヒットしたということでしょうね。

二重を作るためのテープや接着剤を
使うのは、外出前だと思いますが、夜用のアイプチもあります。

昼用ものと比べて、どんな点が違うのでしょうか。

夜用アイプチのメリットについてまとめて
いますので、二重作りに興味のある方は要チェックです。




夜用のアイプチを昼につけてもいいの?
夜用と昼用の違いについて

二重を作るためのコスメは、
まぶたに貼り付けるテープタイプ
接着剤タイプがありますが、市販されている
夜用アイプチは接着剤タイプがほとんどです。

夜寝る前にまぶたに塗って、二重を作った
状態で眠ります。

昼間のように瞬きすることもないので、
しっかり二重の状態がキープできるため
毎晩それを続けていると
徐々にまぶたに二重のクセが付いて
自然な二重まぶたになれる可能性があるのです。

昼用のものは、メイクする前に使うため
強い粘着力が必要ですから、
皮膚が敏感な人が使うとかぶれてしまうこともあります。

そもそも目の周りの皮膚は、他の部位よりも
薄くてデリケートなので、健康な肌質の
人でも二重作り用のテープや接着剤で肌荒れ
することがあるくらいです。

夜用アイプチは、肌に刺激を与えるような
成分を使わない安全なものが数多く発売
されているので、昼に使うテープや
接着剤よりも、まぶたの皮膚に負担をかけずに使えます。

アイプチを夜だけするのは効果アリ?
夜用のデメリットは?

人前に出ないのに、わざわざ寝る時間を
使って二重まぶたを作る夜用アイプチは
自然な二重を作ることを目的に使うものです。

毎日、外出する前にテープや接着剤で二重を
作る作業を何年もずっと続けているのなら
夜用アイプチで自然な二重まぶたになりたい
と思うのは当然のことですよね。

ですが、夜用アイプチを使えば、誰でも
自然な二重まぶたになれるわけじゃありません。

夜用アイプチで自然な二重まぶたに
なりやすい人は、まぶたが薄くて脂肪が少ないタイプの目です。

まぶたが厚いタイプの目には向きません。

夜用アイプチを使っても、くせが
つきにくいため、自然な二重になれる
可能性が低くなります。

そのため、誰でも効果があるわけじゃないのが
夜用アイプチのデメリットです。

夜用アイプチを1ヶ月以上使い続けても、
まぶたに全く変化がないのなら
昼用アイプチで人前に出る時だけ二重まぶたを
作った方が良いと思います。

ずっと二重作りのための製品を使い続けたくない
のなら、メスを使わないプチ整形で二重を作った方が早いですよね。

プチ整形で二重を作る手術は、
料金もそれほど高くなく、
未成年でも保護者の同意があれば
アルバイトでお金を貯めて受ける人も増えているようです。

まとめ

アイプチをしていると
汗や水ではがれてしまったり、
テープやノリがキラキラ見えてしまう
こともあるので、できれば自然な二重まぶたになりたいですよね。

夜用アイプチを使えば、ホンモノの
二重まぶたになれるかも知れませんから、
試してみる価値はあると思います。

でも、誰でもなれるわけじゃないので、その点は理解しておきましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする