年末年始、義実家の帰省が憂鬱・・・帰省しないのはアリ?




年末年始、義実家の帰省が憂鬱・・・帰省しないのはアリ?

毎年、このお盆と正月は苦痛だという声はいろいろなところで聞かれます。

旦那の両親なんて他人ですから合わない方が当たり前ですし、普通です。

合わないのに頑張って帰郷しようと思うだけでも偉いと思います。

しかし泊まるとなると、かなりストレスを感じますよね。

旦那さんはこんなにあなたがストレスを抱えていると知っていますか?

しっかりと旦那さんと話し合いしましょう。

泊まりたくないなら、泊まりたくないとしっかり伝えましょう。

まずはちゃんと伝える事も大切です。

旦那さんがフォローをしてくれるのであればそこはお願いするにして。

何も望めないようであれなこの際、旦那さんだけ行くのもアリです。

実際、お盆や正月は夫婦別々に帰省するパターンも増えています。




正月、義実家への帰省が憂鬱・・・せめて泊まらずに済ます方法は?

てっとり早いのが子供ペットを言い訳にすることです。

小さい子供がいれば、夜泣きをするようになって、迷惑をかけてしまう。

少し大きくなったのであれば習い事や部活などの試合とかぶる。

ペットのおトイレなどがしつけ中でお漏らしをして迷惑をかけてしまう…

無駄吠えをしてしまうなど…

迷惑をかけてしまうので遠慮するという断り方ですね。

特に孫のためのことであれば余計に文句は言いにくくなりますよね。

他には明日に予定があり、帰らなくてはならないという状態を作ってしまうということです。

例えば、今年は町内会の役員で神社周辺の補導に必ず出ないといけないことになっているとか…

この場合、年に数回の親と会う機会とその用事とどっちが大事か迫られることもあるかもしれません。

でも、毎年恒例で泊まっていたものが理由はどうであれ、一度切れたことによって親も期待することはなくなります。

究極!夫婦別々帰省が意外と多い?!

実際に夫婦別々で帰省している人が増えています。

最初の年は勇気がいりますがお盆は帰らないと決めれば意外と平気なのかもしれません。

お盆には必ず嫁も挨拶にくるものだと頑なに思っている姑であっても、多少なりとも、嫁である赤の他人が来ることに気遣いをしています。

息子だけ来るのと嫁も一緒に来るのだと気の遣い方は必ず変わります。

もちろん、息子だけの方が楽ですよね。

最初は世間体だの、最近の若い人はと何だかんだ言うことはいうでしょう。

でも、何度か繰り返すうちにそれが当たり前になると、嫁が来ない方が姑にとっても都合がよくなります。

まとめ

憂鬱に思っているならまずはきちんと旦那さんと話し合いましょう。

旦那さんが上手にフォローをしてくれればそれが一番です。

もし、難しいのであればいろいろ理由をつけて日帰りにするのも手です。

そして究極は別々の帰省です。

最初はなかなか勇気も入りますが、お互い慣れてくれば、かえって案外、程よい距離感で良好な関係を築くことができるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする