レシピあり!犬にも手作りご飯を!味付けのポイントや手作りご飯のメリットについて




オーガニックや減塩など
人間の食生活も見直されている今、
ペットの食事も気を付ける飼い主さんが増えました。

ちょっと昔まで犬は外で番犬、家畜という
認識の方が多かったと思います。

残ったご飯にみそ汁のぶっかけご飯!
なんてワンコもいたくらいです。

近年は、ブランドのように犬種も増え
室内飼いが当たり前になりました。

小さい仔はなぜか高額。
人間が無理に掛け合わせたため
寿命が短く、弱いのですが…

ですので、フードもオーガニックや
ヒューマングレードの物が多くなってきました。

もちろんとっても良いことです。

こうなる前は、何の肉が使われているのか
分からないくらいでした。

アメリカでは中国産のフードを食べた
犬たちが死亡するという事故もありました。

そのニュースを知ってから私は国産、
ヒューマングレードの物しか与えられなくなりました。




犬の手作りご飯レシピ2選!塩分控えめ。
簡単喜ぶご飯の作り方は?

ここでちょっと私のおすすめを紹介します。
須崎先生のレシピです。

須崎先生は食生活で
病気をしない体を作ると言いう考え方です。
とても勉強になりますよ。

鶏雑炊(皮膚トラブルに)

材料:鶏モモ肉100グラム、ご飯茶碗4分の1、わかめ小さく刻んだもの、水300CC

作り方:
① 分量の水に鶏モモを入れ中まで火が通るように蓋をして煮込む。
② ゆであがったら、肉を冷まし皮を取り除いて適当な大きさに切る。
③ゆで汁の油を取り除きサッと下ゆでしたわかめのみじん切り、2を入れ沸騰したらご飯を入れ10分ほど煮る。
※鶏に含まれるコラーゲンは、細胞と細胞をつなぎ、皮膚の柔軟性を保ちます。

鮭と大根のご飯(胃腸のトラブルに)

材料:生鮭(塩が付いていない物)、大根、(すりおろしたもの)大さじ2、水150CC、すりごま少々、ご飯茶碗4分の1。

作り方:
① 分量の水を沸騰させ鮭を入れてひと煮立ちさせます。(骨に注意。きれいに取り除いてください)
② ご飯を加え、10分ほど柔らかくなるまで煮る。
③大根おろしをトッピング。すりごまをかける。(すりごまは食べる直前に擦ってあげて下さい)
※消化を促す大根と体を温める鮭が、胃腸を刺激から守ります。
注意する点は、その子のあったものを与えるという事です。
手作りご飯を検討中の方は、アレルギーなどもありますから
急に変えるのではなく、少しずつ時間をかけて切り替えて下さい。
そして、塩分控えめとありますが、塩分どころか味付けはいりません。
素材の味で十分です。

犬も喜ぶ!手作りご飯をあげるメリットは?

考え方は人間と同じです。

何が入っているのか分からない加工品より
オーガニックで、国産、ヒューマングレードの
素材などでこだわって作る。

何を使っているのか?何が入っているのか?
分かっているから安心、安全なのですね。

手作りをするメリットとしては
安全なものを安心して与えられる

これが1番ではないでしょうか?

もちろんちゃんとワンコの性質や、
与えてはいけない物を把握したうえで
与えないと中毒や病気になってしまいます。

また、栄養が偏る場合がありますので
注意が必要です。

そのためには正しい知識が必要です。

まとめ

手作りは安心、安全ですが、人間とは違い
ワンちゃんには摂取してはいけない
食べ物があります。

有名なものだとブドウニラネギなど
中毒になってしまう場合があります。

その子によって、アレルギーもありますので、
十分に注意しながら与えて下さい。

また、基本的に犬は肉食です。
かつてワンコの先祖オオカミは
生肉で生活していました。

ですので野菜、特に食物繊維は
消化しにくいと考えられています。

消化しにくいものを与え続けると、
消化不良や、病気を引き起こす可能性
もあります。

もともと胃腸が弱い子や、病気のある子
は獣医さんに相談しながら少しずづ
与えてあげると良いと思います。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする