鼻毛の処理はどこまでするのが一般的?切る?抜く?最適な方法は?




口角を上げた時、鏡越しにちらりと見えて
しまった時にはいつからだろう…と
ものすごく恥ずかしくなりますよね。

皆さんはそんな普段鼻毛の処理を
どうしていますか?

切る抜く剃るなど様々な方法で
処理している方がいらっしゃるかと思います。

鼻毛の処理は、どこまでしたら良いのか
ということをはっきり分かっている方は案外
少ないのではないでしょうか。

見えなくなるところまで、
適当な長さまでという方が多いと思います。

そこで今回は、
鼻毛の処理に関して、抜くのと切るのでは
どちらがメリットがあるのか、
また鼻毛が果たす大事な役割について
ご紹介します。




鼻毛が気になる・・・
抜くのと切るのではどちらの方がメリットがある?

鼻毛が伸びてくると気になるので
抜いたり切ったりしますよね。

鼻毛の処理法はどうするべきか悩んでも、
周りにはなかなか相談しづらかったりします。

結局のところ、鼻毛は抜くのと切るの、
どちらがよいのでしょうか。

答えとしては、
抜くよりも切る方がダメージが少なくてすみます。

鼻の中は粘膜でできているため、
ほかの場所に比べても大変デリケートです。

鼻毛をピンセットなどで引き抜くとき
かなりの痛みが走ります。

この痛みは、
毛根から毛を無理に引きちぎることで起こります。

その傷口から鼻の中に細菌が入り込んで
しまうと、高確率で炎症を起こしてしまいます。

また、鼻は脳に非常に近い所にあります。

鼻で炎症が起き、細菌が増えてしまえば
最悪の場合、脳へのダメージということも
考えられます。

そう、思うと本当に怖いですね。

ですから、
引き抜いた方がすっきり気持ちが良いとか
切るとすぐに生えてくるからと
抜いているという方が多いかもしれませんが
ダメージを考えると切った方が良いでしょう。

鼻毛を抜きすぎると大変なことに・・・
意外にも重要!鼻毛が果たす役割とは?

鼻毛が果たす役割とは一体なんなのでしょうか。

鼻毛は、鼻の中に空気と一緒に入ってきた
ホコリなどの異物を絡めとる役割を
果たしています。

鼻の奥には粘膜があって、
これは肺や喉へ繋がっています。

鼻毛がフィルターの役割をしており、
無かったら、ほこりやウイルスが直接体内へ
入ってしまうということになります。

このようなものが体内に入ると、当然、
病気になってしまうリスクが増えますね。

さらに、鼻の奥は粘膜になっているため、
常にここにある粘液が鼻の中の潤いを保つ構造になっています。

このように、鼻毛は粘液が乾かないように、
鼻の中の湿度をキープするという役割も
持っているのです。

これらを踏まえると、鼻毛は私たちの体に
重要な役割を果たしています。

鼻毛が出てると恥ずかしい思いをしますが
改めて考えるととっても大事なものですね。

まとめ

今回は、鼻毛の処理は抜くのと切るのでは
どちらの方がメリットがあるのか、
また鼻毛の果たす役割についてご紹介しました。

できるだけ鼻毛は抜かないように、また、
切りすぎないように気をつけて
鼻毛の処理を行ってくださいね。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする