UA-129739460-3

失敗? ゼラチンが固まらない原因と上手な対処方法!

ゼリーなどのお菓子作りをしていて、
ゼラチンを入れたのになかなか
固まらないと困ったことはありませんか?

特にお菓子作りの初心者は
ゼラチンが固まらないことはよくあります。

私も何度か失敗をしています。

ゼラチンが固まらない原因とは?
場合によっては対処できる!

ゼラチンの箱に書いてある使用方法の通りに
やっていてもちゃんと固まらない時ってありますよね。

原因としてどんなことが考えられるのでしょうか。

温度が高すぎる、低すぎる

ゼラチンを直接振りかけるようにして
入れるタイプのものもありますよね。

その時に、
ゼラチンを入れる液体の温度が高かすぎたり、
ゼラチンを入れてから熱を加えたりする
固まらないことがあります。

果物のせい

ゼリーなどに果物を入れて固めると場合も
多いかと思いますが、この場合
いくつかの果物の種類によっては
ゼラチンが固まらない物もあります。

例えば…
キウイメロンりんごなどがあります。

これらの果物が固まらないのは、
酵素が多く含まれているという理由からです。

ゼラチンはたんぱく質を多く含んでいるため
固める力が酵素に分解されることによって、
固まらないという現象が起きてしまいます。

ゼラチンが固まらなかったら・・・
再加熱もあり?!原因別の対処方法!

では、ゼラチンが上手く固まらなかった時の
対処法を、上に挙げた原因に分けて見ていきましょう。

ゼラチンの量が足りない場合

この場合は
ゼリーなどの量にゼラチンの量が合っていなくて
温度が違うと言うことがあり得ます。

少しのお水でゼラチンをふやかし、
ゼリーなどの温度が少し下がってきたころに
よく混ぜながら溶かしていきます。

温度が低い場合、再加熱は慎重に行いましょう。

沸騰させるのは絶対にNGです。

溶けるまでしっかり混ぜながら待ちます。

果物による場合

果物でゼラチンが溶けないときに最適なのが、
フルーツ缶を使うという方法です。

フルーツ缶やリンゴはコンポート
を使うことで酵素が分化され、
ゼラチンが溶けやすくなります。

まとめ

今回は、ゼラチンが固まらない時の原因と
対処法についてご紹介しました。

もし、ゼラチンが固まらなかった時は
これらを参考にして対処してみて下さいね。