UA-129739460-3

子犬が遊びたくてご飯を食べない!食べてくれる上手なごはんのあげ方とは?

元気でやんちゃがとりえの子犬ちゃん。
遊んでいる姿も可愛いけどご飯を食べないことは心配ですよね。

でも、案外、ちょっとの工夫で食べるようになることもあるので
いくつかのポイントをお伝えします。

一般的に子犬とは生後6か月ごろまでです。

1度に沢山食べられないので
1日に3回~4回に分けて少しずつ与えることが大切です。

そして時間も決めて下さい。
今はご飯の時間。と覚えます。場所も同じ場所に決めて下さい。

その際、新鮮できれいなお水も常備してあげてください。

それでも食べない場合は下げて、
次のご飯の時間まで何もあげないようにしましょう。

例えばご飯を食べないからといってオヤツをあげてしまうと
オヤツがあるから食べなくてもいいや!となっちゃいます。
この繰り返しです。

慣れてくると、「ご飯ですよー」
と、言うだけで自分の場所でご飯が来るのを待つ様になる事もあります。

例外として、全く何も食べない、お水も飲まない。となると・・・
体調が悪いのかもしれませんので動物病院へ連れて行ってくださいね。

子犬がご飯を食べないで遊んでしまう理由とは?

理由としては、ご飯<遊び
つまり、わがままです。

健康なのに、ご飯を食べないのは、遊んでいるほうが
魅力的なのでしょうね。

ご飯を出しているのに、じゃれてくるからと言って相手をしたりしていませんか?

ご飯の時間はご飯の時間。食べる事に専念してもらいましょう。
きっちり決めて続ければ覚えてくれますよ。

例えば、「ご飯だよー」っと呼び、
サークルに入るよう促し、ご飯を置いたら、扉を閉めます。
ご飯を食べるまで出さない。相手をしないようしましょう。

それでも食べずにいる場合、ご飯を下げ、
次の時間まで何もあげないでください。
可愛いからどーしてもかまってしまいたい気持ちは分かりますが
ここが勝負です。飼い主さんも一緒に我慢ですよ。

子犬がご飯を食べないけど、おやつは食べる…
そんな時に効果的な対処法は?

ワンちゃんを飼っている方なら1度は経験することでしょう。
可愛いあまり、おやつをあげてしまう。
気持ちはよく分かります・・・

「ちょうだい!」って顔がたまらなく可愛らしかったりしますよね。
しかし、これも我慢です。

おやつはちゃんと量や時間を決めてあげる。これが1番!
おやつはおやつです。

しかし、ご飯は食べないけど、おやつだけを食べるようになってしまったら
まず、おやつをやめましょう

ご飯の時間だけ、ご飯をあげましょう。

それでも食べない様なら、ささみを茹でて、そのゆで汁をかけてあげる
冷ましてからあげて下さいね。熱いとやけどしちゃうので注意が必要です。
これ結構おススメです。

人肌ぐらいの温度だとフードの匂いもアップして食欲をそそるようです。

そしておやつをあげる代わりににスキンシップをとりましょう。
例えば、マッサージをしてあげたり。

ブラッシングしたりと。ワンちゃんも撫で方によってリラックスしたり。
甘えたい気持ちが満たされたりするようです。

そうやって少しずつおやつよりスキンシップを楽しむようにしてくださいね。

まとめ

可愛いあまり、欲しいといわれればあげたい気持ちも分かります。
しかし、愛犬のためにもご飯とオヤツの区別はしっかり管理しましょう。

管理するのは飼い主さんですよ。
健康面も管理しなくてはなりません。

気長に教えてあげれば必ずわかってくれます。覚えてくれます。
ワンコはとっても利口な動物ですよ。

ちょっとした工夫で飼い主さんもワンちゃんもストレスのない毎日を・・・
ワンちゃんと沢山スキンシップをとって
健康でHAPPYなDOGライフをお楽しみくださいね。