ダメな動物病院かも…かかりつけの病院に不信感を持った時、あなたはどうする?




ペットとは言え、飼い主さんは家族として大切に育てている方が
ほとんどだと思います。

飼育の環境や、病院の設備、薬の研究などによりペット達の寿命が
延びているのも事実。
飼い主としては少しでも長く一緒に過ごせることは嬉しい事ですね。

そのために何かあったとき、信頼して頼れる獣医の先生、病院を
リサーチしましょう。動物病院。正直ピンキリです!

人間も同じですね。
料金、看護師さん、獣医さんの質、雰囲気など・・・
気になることは沢山あります。

経験上、動物病院はネットの口コミなどあまり気にしないほうが良いです。
人が感じる事には必ずズレがあるので、一度診察を受けてみることが一番です。
大きい有名な病院だから良いとは言えないし、
長い間開業しているから良いとも限りません

どのように飼い主がペットと向き合っているか?
理解して治療をしてくれるような先生が理想ですね。
いつもの病院、ちょっと診断に疑問を持ったら他の病院での診察を
受けてみるのもありですよ。




思い切って動物病院を変える手も!
そのタイミングは?

ペットは大切な家族です。
診断に間違いがあればそれは死につながることもあり得ます。
動物は話せないので飼い主さんがしっかり体調を管理して
あげなければなりません。

いつもの病院、いつもの先生の診断でも
ペットの体調が良くならない、ちょっとでも不安があるなら
他の病院での診察もありだと思います。

病院を変える!と意気込まなくても状況により使い分ければ良いのです。

今、通院中の病院も何か良いところがあるから通っているわけですから、
そちらの先生にも相談しながらセカンドオピニオンを考えてみるのも
一つの選択肢だと思いますよ。

動物病院を使い分けている人も!
犬も猫もセカンドオピニオンの時代!

これはもはや常識ではないでしょうか?先生により専門の分野もあります。

どこの大学で何の専門だったかを調べてみる事をおススメします。
同じ大学なら、同期の先生で開業医や、先輩や後輩、
大学の教授を紹介してくれたりもしますよ。

先生の紹介ですとデーターや状況などを前もって把握して頂けるので
新規の患者さんよりはお話ししやすいと思われます。

先生どうしで、診察の結果などをやり取りしてくれて
今後の治療の確認などして頂ける事もあるので一石二鳥ですよ。

動物病院とはいえ、先生とも親しくなると色々相談しやすいので安心ですね。

まとめ

私たち飼い主側は今のペットの状況に合った病院、
先生を選んであげることが必要です。

先生によって治療方針などの違いがあると思うので
そこはちゃんと話し合って下さいね。

いざという時ペットのストレスにならない様に
病院や先生に慣らしておくことも必要です。

例えば・・・
月に一度、爪や耳掃除に病院へ行き
先生や看護師さんに触れてもらう。
この時に何か気になることがあれば、ちゃっかり相談しちゃったり
先生ともコミュニケーション取れます。

ペットを飼ってるお友達が通っている動物病院を聞いてみたり
SNSなどで情報交換したり・・・
何より一緒にいるペット達の幸せを1番に考えてあげる事が大切ですね。

病院を選ぶ権利は飼い主さんにあります。
かかりつけの病院に疑問があるなら躊躇せず
他の病院に行ってみて下さいね。
素敵なペットライフを・・・

最後までお読みいただき、ありがとうございました。 記事がお役に立てたようでしたら、応援クリックをしていただけると励みになります^^
節約・貯蓄ランキング




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする