UA-129739460-3

妊婦だけど太りたくない! 妊娠中、体重を増やさないために気を付けるべきこと

妊娠中はどうしてもおなかが空きますし、
重たくなってきた体で動くのがおっくうになってしまって
いつの間にか体重がどんどん増えてしまいがちですね。

あまり体重が増えてしまうと検診の時に
病院の先生や看護師さんから注意されてしまったことは
ありませんか?

そこで今回は妊婦の方のお悩みで多くあげられる
体重が増えてしまうということを予防する方法に
ついてご紹介します。

妊娠中、体重が増える時期ってあるの?
空腹を紛らわすおすすめは?

妊娠中に太りやすい時期はいつなのでしょうか。

人によりますが一般的に大きく分けて2つあります。

まず挙げられるのは妊娠初期のつわり明けです。

妊娠初期につわりがつらかったという方でも、
安定期に入ると落ち着いてくるという場合が多いです。

つわりがひどかったときは食べたいものが食べられない
という状態でも、つわりが終わったころに食欲がもどり、
ついつい食べ過ぎてしまうことがあります。

我慢していた食欲が、爆発することで暴飲暴食に
なってしまうこともあるので注意が必要です。

次に里帰り出産の前です。

妊娠後期に差し掛かると里帰り出産をする方は実家に帰りますね。

実家ではただ座っているだけでご飯が出てくる、なんとも
主婦の生活からはかけ離れた夢のような生活ですね。

自分の家にいるときのストレスから解放されますし、
安心感から食べ過ぎてしまったり、ますます動かなくなって
しまってぶくぶくと太ってしまいます。

では、空腹を紛らわせる方法にはどのようなものが
あるのでしょうか。

・歯磨きをする

ダイエットでもよく聞くことですが、空腹を感じた時には
歯磨きをするのも良い方法です。

歯磨き粉に含まれるメントール成分が空腹を
和らげてくれるといわれています。

習慣的にも歯を磨いた後に何かを食べる気にはなりませんよね。
もし、それでもなんか物足りなければ歯科医院専用のガム
歯磨き後に食べるのもお勧めです。

わざわざ歯医者さんに行かなくてもインターネットで簡単
買うことができます。

送料なしで300円お試しできます!⇒歯科医院専用ガム

お得な歯科用歯ブラシ

・炭酸水を飲む

砂糖の入っていない炭酸水でおなかを膨らませるのも
方法のひとつです。

夏場は飲めないと分かっていてもキンキンに冷えたビールが
飲みたくなりますよね。
さすがにビールは飲まずとも、冷たーい炭酸ジュースで
喉を潤したくなりますね!そんな時は炭酸水が効果的です。
清涼感満腹感が同時に満たされますよ!

ちなに冬場は白湯を飲むのがおすすめです。
質素でみじめな感じがしますが、
体も温まり、洗い物も楽なのでおすすめです。

妊娠中、体重をキープするために!
無理なく、ついでにできる運動は?

体重をキープしたいと思っても、どんどん増えていきますね。
空気を吸ってても増えるんじゃないかと思うくらい
どんどん増えていきますね。

だからといって、妊娠中に激しい運動をしたり、無理はできませんね。

マタニティヨガもいいですが、わざわざ教室に通わなくても
家で思い立った時に気軽にできることが継続の秘訣です。

更におすすめなのは、何かのついでに体を動かす
ということです。

家事のついでにできるような簡単な運動としておすすめなのは
スクワットです。

スクワットは骨盤底筋を鍛えることができ、出産に備えて
の筋力アップも期待できます。

やり方はお尻を後ろに突き出した状態でゆっくり
しゃがんだり立ったりするだけです。

洗濯ものを干す時にスクワットを意識してやってみるのは
いかがですか?

地味ですがけっこういい運動になりますよ!

その他、雑巾掛けなんて普段はしないかもしれませんが
赤ちゃんを迎えるために家を綺麗にすることもできるので
おすすめです。
買い物もたくさん買わないのであれば徒歩で行く
こともお勧めです。

注意点としては主治医の先生から、安静を指示されている
場合は絶対に自己判断で実施しないようにしましょう。

無理は禁物です!

まとめ

今回は、妊婦の方向けに、妊娠中体重が増える時期について、
空腹を紛らわす方法、無理せずにできる運動について
ご紹介しました。

これらを参考にしてストレスなく体重をキープできるように
して今しかないマタニティライフを楽しみましょう!